男性がダイエットに成功する4つの秘訣とは?

スポンサーリンク

 

最近は、男性もダイエットをするようになってきましたね。
男性向けダイエット関連のCMも頻繁に見かけるようになりました。

 

これからダイエットを始めようとしている方は、

  • どんな方法が成功しやすいのか?
  • 期間はどれくらい継続しなければいけないのか?
  • どういった理由で挫折したのか?。

について事前に知っておきたいところですね。
この記事では、男性に行ったダイエットに関するアンケート結果から、
ダイエットが成功する4つの秘訣をご紹介したいと思います。

男性がダイエットに成功する4つの秘訣とは?

有酸素運動のデメリットを知ることで、効果を2倍に引き上げる方法

当ブログでも、有酸素運動は内蔵脂肪を落とすことができるとしてご紹介していますが、
デメリットは無いのかというと、そのようなことはありません。
どんなに素晴らしいものでも、必ずデメリットは存在します。

でも、このデメリットをしっかり把握することで、
有酸素運動を効率的に行う事ができますし、
何より「結果が出ない」と途中で投げ出すことも少なくなるのではと思います。

有酸素運動のデメリットを知ることで、効果を2倍に引き上げる方法


メタボの原因は姿勢の悪さにあり!?効果的な姿勢改善法はコレ!

「メタボ体型で内臓脂肪が多く付いている方は、将来生活習慣病にかかる可能性が高い」
と本ブログでも書き続けてきました。
この内臓脂肪が多く付いていしまう理由の一つに姿勢が悪いことがあげられます。
人によっては、この姿勢を正すことで内臓脂肪が大幅に減少する方もいるようです。
なぜ姿勢が悪いと内臓脂肪が付きやすいのか、そして、姿勢を正して内臓脂肪を減らす方法をご紹介できればと思います。

メタボの原因は姿勢の悪さにあり!?効果的な姿勢改善法はコレ!

内臓脂肪型・皮下脂肪型、同じ肥満でも全然違います!

肥満には、「内臓脂肪型」と「皮下脂肪型」がありますが、
これらの違いについて詳しく見ていきたいと思います。
同じ肥満ですが、性質が全然異なります。
内臓脂肪型の肥満は男性に良く見られ、生活習慣病の危険性は、この内臓脂肪型の方が圧倒的に高いです。
この肥満は、お腹がポッコリするのが特徴なのですが、
なぜ腹に脂肪が付きやすいのか、腹に脂肪が付くとどんな危険性があるのかについても、
ご紹介していきたいと思います。

内臓脂肪型・皮下脂肪型、同じ肥満でも全然違います!

内臓脂肪はとても危険!でも簡単に落とすことができますよ!

肥満には大きく分けて2種類あり、

  • 皮下脂肪型肥満
  • 内臓脂肪型肥満

があります。
「内臓脂肪型」を強調したのは、生命に対する危険性が大きいからです。

皮下脂肪とは、文字通り皮膚の下にある脂肪で、指でつまむことができます。
一方、内臓脂肪は腹部の内臓周りに付いた脂肪をいいます。

一般的に、女性は皮下脂肪型男性は内臓脂肪型の肥満が多いとされ、
生活習慣病の危険性が高いのは、内臓脂肪型となります。

でも、内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて比較的簡単に落とせると言われています。
それでは、実際にどうすれは落とせるかについて書いていきたいと思います。

内臓脂肪はとても危険!でも簡単に落とすことができますよ!