腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

睡眠不足は肥満を招き、さらには睡眠障害に発展する可能性も!

スポンサーリンク

睡眠不足によって太りやすい体質になるという事は、
様々な研究から明らかになっています。

数万人もの調査をおこなった研究によりますと、
睡眠時間が7~8時間が最も肥満者が少なくなっています。
逆に、6時間睡眠で肥満者が23%増加、
5時間睡眠で50%、そして、4時間以下の睡眠では73%も肥満者が増加しているのです。

睡眠不足で太るのは、ホルモンの異常分泌の影響です

睡眠不足せっかくダイエットでやせても、睡眠不足が続くと太ってしまう傾向にあります。

また、ダイエットしてもなかなか痩せないという方は、睡眠不足が原因かもしれませんよ。

睡眠不足が続くことで、
食欲を抑制してくれる、満腹ホルモンのレプチンが減少し、
食欲を促す、空腹ホルモンのグレリンの分泌が増加します。

この二つのホルモンの異常分泌によって、必要以上に食欲が旺盛になってしまいます。

この現象は、睡眠時間が少なければ少ないほど激しくあらわれます。

疲れた時に甘いものが欲しくなるように、睡眠不足で食欲が増すだけではなく、
甘いものや、塩辛いものを余計に欲しくなります。

また、睡眠不足で太る事により、運動しない生活習慣になるとさらに悪循環となります。

運動しないという事は、体が疲れにくくなりますから、
夜に眠くならず、短時間睡眠のまま朝仕事へ行くという事になります。

肥満になる事で、睡眠時無呼吸症候群を発症する場合があります

無呼吸症候群肥満による睡眠障害といえば、「睡眠時無呼吸症候群」ですね。

脂肪が喉や舌に付くことによって、睡眠時の呼吸が上手くできなくなってしまう症状です。

当然ですが、太っていればいるほど、無呼吸の症状は重い傾向にあります。

睡眠不足で肥満になったことにより、無呼吸症候群を発症してしまう事例も多数あります。

無呼吸症候群になることで、さらに睡眠の質が悪化します。

短時間睡眠の上に睡眠の質まで悪化してしまうと、かなりの睡眠不足になります。

こうなってしまうと、さらにホルモンの異常分泌が起こり、より太ってしまう事になります。

ダイエットしてもなかなかやせない、知らない間に太ってしまったという方は、
無呼吸症候群も疑ってみる価値はあると思います。

ただ、睡眠時無呼吸症候群は、睡眠不足だけではなく、
命にかかわる病気にもなってしまいます。

例えば、昼間の異常な眠気で交通事故を起こしてしまったり、
心臓や脳にも非常に大きな負担がかるために、突然死の危険もあります。

このように、最初はただの睡眠不足であったつもりが、
肥満を招き、それが睡眠障害に発展し、重大な疾患を招く恐れもあるのです。

コメントを残す




CAPTCHA