腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

認識していますか?糖尿病の真の恐ろしさは合併症にあります

スポンサーリンク

糖尿病の本当の恐ろしさは、合併症にあります。

糖尿病から、網膜症で失明、腎臓病で人工透析、心筋梗塞で突然死と、
いずれも糖尿病で血管がボロボロになる事によって引き起こされます。

糖尿病自体はメタボ体型の人がかかりやすく、また、
かかった後も症状が悪化しやすいです。

ここでは、なぜ糖尿病が血管を損傷し、
様々な合併症を引き起こすのかについて見ていきたいと思います。

糖尿病は万病の元!様々な合併症を引き起こしてしまいます。

食べ過ぎによる肥満糖尿病は、もともと肥満体型の人がかかりやす病気です。

空腹時においても血糖値が高く、これだけでも血管にダメージを与えているのに、
食後さらに急激に血糖値が上がります。

この急上昇した血糖値を下げるために、インスリンが大量分泌され、血糖値が急降下します。

この血糖値の急上昇⇒急降下も血管に非常に大きなダメージを与えてしまいます。

真っ先にダメージを受けるのは、末端の毛細血管です。

網膜や手足の先、そして腎臓の毛細血管が損傷を受けることによって、
失明や壊死などが起こります。

腎臓が障害を受けてしまうと人工透析が必要となり、莫大な医療費がかかってしまいます。

さらに糖尿病の症状が進行していくと、脳や心臓の大動脈においても影響があらわれ、
最悪、「死」という結果を招いてしまいます。

このように、糖尿病を甘く見てはいけません。
糖質は全身をくまなく巡っている血管にダメージを与え、
様々な器官に影響を及ぼしてしまうのです。

どれくらい血糖値が高いと糖尿病になりやすいのか?

血糖値測定血糖値は、通常の健康診断で測定される項目ですので、結構身近に感じている方も、多いかと思います。

できれば、あなたの健康診断の血糖値を把握してから、以下の記事をご覧になる事をおすすめします。

血糖値が、180ml/dl以上の場合は血管がほぼ確実に傷ついていきます。

140ml/dl以上でも、血管が傷ついている可能性は非常に高いです。

上記の判定値は、空腹時のものです。

空腹時で血糖値が異常に高い状態だと、食事をとった時はさらに急上昇します。
特に糖尿病の人は、通常の人より血糖値が上昇しやすいです。

糖尿病の人がご飯茶碗に1杯の白米を食べるだけで、200ml/dlも血糖値が上昇します。

つまり、空腹時の血糖値が180ml/dlでも、380ml/dlになってしまうのです。

さらに、急上昇した血糖値は、大量のインスリンにより急降下します。
この急激な変化も、血管にダメージを与え、動脈硬化などを加速度的に進行させてしまいます。

糖尿病は、糖質により血管にダメージを与え、
それにより様々な合併症を引き起こしてしまいます。
しかし、糖尿病になる大元の原因は、糖質の取りすぎによる肥満にあるのです。

 

コメントを残す




CAPTCHA