腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

がんと肥満は密接な関係にあった!肥満で発症率が急上昇!

スポンサーリンク

日本人の4大死因は、「がん」「心疾患」「肺炎」「脳血管疾患」となっています。
この中で「がん」は死亡率1位となっています。

がんは、「感染症型」と「生活習慣型」に大きく分かれています。
感染症型は、バクテリアやウイルス等によって引き起こされるがんのことで、
年々、発症数は減少してきています。
一方、生活習慣型のがんは、食生活の乱れなどで引き起こされるがんのことで、
近年急増しています。

この生活習慣型のがんは、メタボ体型の人が多くかかる病気となっています。

太っている人は、がんの発症確率が急上昇します

メタボ体型高カロリーの食事を毎日のように続けていると、肥満となりがん発症確率が上昇してしまいます。

肥満によって発症率が上昇するがんは、
膵臓(すいぞう)がん、腎臓がん、胆のうがん、大腸がん、食道がん、乳がん、子宮体がん
の7つのがんです。

一昔前までは、感染症型のがんが多かったのですが、
飽食の時代となり、生活習慣型のがんが多くなっています。

この現象は、日本だけではなく、他の諸国でも見られており、
先進国型の病気といわれています。

なぜ、肥満体型の人ががんにかかりやすいのでしょうか?

高血糖と高インスリン肥満の方は、一般的に高血糖または、高インスリンの状態となっています。

インスリンとは、体内に糖が入ってきた時に、それを分解して脂肪に変える物質です。

糖分を過剰に摂取すると、インスリンが大量に放出された状態になり、それが体に悪影響を与えます。

がんは、細胞の遺伝子(DNA)のコピーミスによって発生し、増殖を続けます。

なぜ、コピーミスが起こってしまうのかといいますと、
高血糖や高インスリンが影響しています。

高血糖や高インスリン状態の場合、体内に活性酸素が増加し、
活性酸素が細胞のDNAを傷つけてしまいます。

この傷つけられたDNAがどんどんコピーされがん細胞が増殖します。

このように、肥満の方は体内に糖分が多いため、
がんの原因となるDNAの損傷が起きやすいのです。

「どれくらい太っているとがんになりやすいのか」という統計値があります。
BMIが27以上になるとガンのリスクは上昇していき
通常の体型の数倍のリスクになると言われています。

一方、やせすぎも、がんの発症率が高くなります。
やせすぎていると体の免疫が十分に働かず、病気をはねのける力が無くなるからだと考えられています。

いずれにしても、やせすぎ・太りすぎ 両極端が良くないという事になりますね。
ダイエットするにしてもほどほどが一番です!

 

コメントを残す




CAPTCHA