腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

肥満とうつ病はなぜ密接な関係にあるのか?その秘密に迫る!

スポンサーリンク

うつ病と聞くとヒョロヒョロとしたやせている人をイメージする方も多いかもしれませんが、
実際はメタボ体型の人のほうがうつ病患者が多いようです。
ある統計値によると、メタボ患者は通常の体型の人より1.4倍もうつ病患者が多いとのことです。
うつ病患者が太りやすいのか?はたまた、太っている人がうつ病になりやすいのか?
この記事では、肥満体型とうつ病の関係を見ていきたいと思います。

うつ病にかかるとストレスで食べ過ぎになってしまう?

食べ過ぎストレスの多い現代社会では、日常のストレスが重なりうつ病を発症してしまう人が多いです。

このストレスによって食べ過ぎてしまい、メタボ体型になってしまうのもまたよくある話です。

ストレスがたまると甘いものが欲しくなってしまうのも、また太ってしまう原因になりますね。

さらに、うつ病の症状が重くなってくると、外に出て活動することも減ってきて、
運動不足で太ってしまう事もあります。

このように、肥満だからうつ病になるというよりも、
うつ病の原因となるストレスや運動不足で肥満になってしまうという説があります。

太っている人は体内に糖質が過剰にあり、うつ病になりやすい

精神不安定ストレスが肥満を招くという説がある一方で、
最近は、糖質が精神を不安定にさせるという説が出てきています。

太っている人は、糖質の取りすぎで体内に糖分が余っている状態にあります。

このように、糖質が過剰にあると精神的に不安定になる事が最近言われています。

つまりは、太っていると精神的に不安定になり、うつ病を発症しやすいという事です。

これはまだ研究段階であり、まだ仮説の段階ですが、
うつ病の患者が、糖質を制限した食事をしてやせたことにより、
うつ病も改善したという事例が多数報告されています。

もともとは、糖尿病の治療で糖質制限をしていたのですが、
うつ病も同時に治ったという思わぬ結果がたくさん見られたのです。

うつ病⇒肥満
肥満⇒うつ病

どちらが先なのかは、ニワトリが先か卵が先かの議論でまだ解明されていませんが、
いずれにしても、食べ過ぎや運動不足は精神的に良い影響をもたらしません。
適切な食事と運動が健康に良い影響を与えることは明白です。

うつ病の症状が重くなるとさらにストレスがたまり
肥満が加速していくという負のスパイラスも生まれてしまいます。

普段からストレスをためない生活が肥満の予防にもなりますし、
ストレスをためても食べ物ではなく、他の方法でストレスを発散させる方法をあらかじめ考えておく必要がありそうですね。

 

コメントを残す




CAPTCHA