腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

メタボ体型に多い高コレステロール。原因は食生活にあり!

スポンサーリンク

コレステロールと聞くと、何か「非常に体に悪い物質」というイメージがあります。
はたして、コレステロール=悪 なのでしょうか?

これは、半分正解であり、半分は間違っています。

コレステロールは、私たち人間の体には無くてはならないものです。
一方で、コレステロールが増えすぎてしまうと、
将来的には、命にかかわるような病気になる可能性が高まります。

この記事では、なぜコレステロールが増えすぎてしまうのか、
コレステロールを抑えるにはどうすれば良いかにつてまとめたいと思います。

コレステロールが体内に増えすぎるとどうなってしまうの?

コレステロールには、実はよい面もあり、
食べ物から摂取された栄養分を分解してくれたり、
細胞膜を作ってくれたりと、
無くてはならない存在です。

動脈硬化しかし、コレステロールが増えすぎてしまうと、  動脈硬化や糖尿病など重大な疾患へとつながってしまいます。

コレステロールには、悪玉(LDL)と善玉(HDL)があり、
悪玉コレステロール(LDL)が動脈硬化などの直接の原因となっています。

悪玉コレステロールが増えてしまう原因は、ほとんどが食生活にあります。

高カロリーな食事油っこい食事ばかりを食べていたり、甘いものの食べ過ぎ、運動不足の方に多いです。

このような生活習慣が原因のため、高コレステロールはメタボ体型の方に非常に多くなっています。

逆に言えば、メタボ体型を脱出することで、コレステロール値を下げることが可能なのです。

また、意外と知られていない原因として、アルコールの取りすぎがあります。

アルコールは肝臓で分解されますが、分解時に中性脂肪を作りだします。
アルコールをたくさん摂取すると、アルコールがドンドン分解され、
中性脂肪もたくさん作られてしまいます。

中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減り、
悪玉コレステロールが増えてしまうのです。

メタボ体型でアルコールをたくさん飲む方は特に注意が必要です。

コレステロールを効率的に下げるには?

コレステロールを下げるにはやはり食生活を見直す必要があります。
食生活が乱れてメタボ体型になる方が多いですから、結局はやせることが、
コレステロールの低下には最も効果的です。

一般に、コレステロールを下げる食べ物として、
青魚、野菜、果物、海藻、大豆製品
青魚

などがあります。

一方、コレステロールをあげてしまう食べ物は、
肉類(特に脂身が多い肉)、チョコレート、
スナック菓子、即席めん、バター、チーズ
肉類

などです。

一般に、高カロリーなものはコレステロールを増やしてしまう原因になります。
メタボ体型が高コレステロールなのも納得がいきますね(全員がそうではありませんが)。

健康診断で、コレステロール値が高い方(特に悪玉コレステロール値)は、
ストレスがあまりかからないよう少しずつでも良いので、食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す




CAPTCHA