腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

ダイエット最大の敵「リバウンド」はなぜ起こるのか?

スポンサーリンク

ダイエットを一度でもやったことがある方なら、リバウンドを経験した方も多いのではないでしょうか?
実に、ダイエット経験者の60%以上がリバウンドを経験しているようです。
そもそも、なぜリバウンドが起こってしまうのでしょうか?
この理由をしっかり理解することで、リバウンドを起こりにくくして、
ダイエットの成功率を高めることができます。

ダイエット最大の敵「リバウンド」はなぜ起こるのか?

食事制限ダイエットリバウンドとは、ダイエットを止めた途端、体重が急増してしまう現象をいいます。

場合によっては、ダイエット前の体重をも追い抜いてしまい、結局はもっと太ってしまったなんていう悲しいことも起こってしまいます。

それでは、なぜリバウンドが起こるのかをご説明します。

ダイエットを始めた当初は順調に体重が減りますが、
ある時から急に体重が減りにくくなってきます。いわゆる「停滞期」です。ある時というのは、人によって異なりますがおおむね1か月後くらいです。

食事量が減ってくると、脳が飢餓状態と判断してしまい、
少ないカロリーでも生きていけるようになってしまいます。

また、次の食べ物がいつ体に入ってくるか分からないので、
より多くのエネルギーを脂肪として体にため込もうとします。

これはホメオスタシスと呼ばれる、人間の「恒常性維持機構」です。

恒常性維持機構とは、環境の変化があっても、人間の体は正常を維持しようとする機能です。
ダイエットの場合は、摂取カロリーが減っても少ないカロリーで体の機能を維持しようとするものです。

はるか昔、人類が飢餓時代を生き抜いた体の機能が、現代の人類にも引きつかれているのです。

消費カロリーが減ると、今までの様にやせにくくなってしまい、多くの人はここであきらめてしまいます。

あきらめて、いつもの食事量に戻したとしても体は省エネモードになっていますから、
より多くのエネルギーをため込むことになってしまい、体重が急増するのです。
これがリバウンドの原理です。

リバウンドの影響を回避してダイエットを成功に導くには?

適切な食事リバウンドを回避する一番の方法は、「脳に飢餓状態を認識させない」ということです。

短期間で急激なダイエットは、脳に飢餓状態を認識させてしまいますので、
1か月の体重減少量は5%以内が理想です。

体重70kgの方であれば、3.5kg以内にとどめておきましょう。

また、停滞期が訪れてもあきらめずに継続することも重要です。
停滞期で食事量を元に戻してしまいますと、
以前よりももっと太ってしまいます。

ダイエット中のストレスもあり、今まで以上に食べてしまいがちです。
ダイエットにより体は以前より太りやすい体質になっていますので、
食べる量を急に戻してしまうと、リバウンドの可能性が非常に高くなってしまいます。

 

コメントを残す




CAPTCHA