腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

短期間で大幅なダイエットは可能なのか検証してみた。

スポンサーリンク

ダイエットを始めると、どうしても結果が欲しくて、
短期間で大幅な減量を求めてしまいます。
結果が出ているんだか、出ていなんだか分からないような状態でダラダラ継続するよりも、
目に見えて体重が落ちていく方がやりがいを感じるというものです。
確かに、絶食したり、負荷の大きい運動で汗をかけば、2~3kgくらいすぐにやせられる
と思っている方も多いのではないでしょうか?
でも、それって本当ダイエットと言えるのでしょうか。
急激なダイエットはそもそも可能なのかについて検証してみました。

急激なダイエットは単に水分が体から抜けただけです

脱水症状人間の体重は、主に「脂肪」「骨」「水分」からなっています。

そして、成人男性の60%は、血液・リンパ液などの水分で構成されています。

体重70kgの人であれば約42kgが水分なのです。
普段あまり意識していませんが、人間は1日で3リットルもの水分を、
汗や尿などで排出しています。

もちろん、出て行った分は、水分補給や食べ物などで補っています。
3リットルも水分を取っている意識は無いかもしれませんが、
意外と食べ物からも水分を摂っているのです。

つまり、1日全く食べないだけで理論上3kg程度は体重を落とすことができるのです。
出ていく水分を補わなければ、当然体重は減りますよね。
また、激しい運動で汗をいっぱいかけば、水分が排出されるので、
これまた体重が落ちます。

でも、これはダイエットとは言いませんね。
単に水が体外に出て行って体重が減っただけです。
一時的に体重が減っても、水分を補給すればすぐに戻ってしまいます。

過激なダイエットでいったいどれくらい脂肪が減るのか?

激しいダイエット急激なダイエットで大幅に減量しても、それは水分が出て行っただけですが、
それでは脂肪はどれくらい燃えているのでしょうか?

それでは、あなたに一つ質問をしてみたいと思います。

脂肪1gが燃えるのにいったいどれくらいのエネルギーが必要かご存知ですか?

なんと、たった1gの脂肪を燃やすのに7kcalものエネルギーを必要とするのです。

成人男性の1日の消費エネルギーは約2,000kcalです。
仮に1日間全くエネルギーを摂らなかったとしても、燃える脂肪の量はわずか285gです。

摂取カロリーを500kcalに抑えた無理なダイエットを1週間続けても、
落ちる脂肪の量は1.5kg程度です。

水分補給繰り返しになりますが、急激なダイエットで大幅な減量に成功したとしても、脂肪はほとんど燃えていないのです。

体重が減った主な原因は、水分が体の外に出て行ったためです。

短期間でたくさんの脂肪を燃やしてダイエットするという事は、事実上不可能なことなのです。

それよりは、長い目で見て少しずつ脂肪を燃やしていく方が、体に負担もかかりませんし、理にかなっていると思います。

コメントを残す




CAPTCHA