腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

メタボ男性に朗報!腹だけの部分やせが可能に!

スポンサーリンク

メタボ体型の中年男性であれば、「このたるんだ腹を何とかしたい!」
と考えている方は多いかと思います。
特に、内臓脂肪型の肥満の人は、腹はポッコリ出ているにも関わらず、
手足は意外と細い方も多いですよね。
腹さえ何とかなれば、スリムなナイスミドル(死語?)になる方もたくさんいらっしゃるかと思います。
でも、本当に腹だけ痩せるってことは可能なのでしょうか?
生理学では、部分やせはできないという主張が優勢でした。
しかし、「過去の常識は今の非常識」という言葉にもあるように、
人間の体の解明も年々進歩しています。
最近の研究では、部分やせは可能という主張も出てきています。

部分やせは本当に可能なのか?今までの常識とは?

腹が太っている人間が運動によって脂肪が燃える原理は、
「体内の脂肪が遊離脂肪酸に分解されて、血液に溶け込んでから燃焼される」というものです。

私たちが運動で脂肪を燃やしているのは、血液に溶け込んだ脂肪を燃やしているのです。

血液は全身を巡っていますし、血液に溶け込ませる体内脂肪の部位は選べないので、部分やせはできないとされていました。

「運動によるダイエットは、全身をまんべんなく細くする」というのが今までの意識でした。

 

従来の常識が覆る!腹だけの部分やせは可能!

腹やせ成功生理学の研究が進み「まんべんなくやせる」という部分に異議を唱える研究者も増えてきているのです。

それは、「インターロイキン6」という物質が発見されたことによります。

「インターロイキン6」は、中性脂肪を分解し遊離脂肪酸を燃焼させる働きがあります。

先に説明したように、人間は体脂肪を遊離脂肪酸に分解して消費していますが、運動中の筋肉から「インターロイキン6」が多く分泌されることが分かってきました。

つまり、良く運動している筋肉では、中性脂肪を分解する物質が分泌されているのです。

今までの常識では、「消費する脂肪の部位を選べない」という事でしたが、
「インターロイキン6」の発見により、運動する筋肉でより中性脂肪が燃えるという主張が優勢になってきているのです。

実際に鍛えた筋肉の脂肪が燃焼されるのです

ボディービルダー実際に、ボディービルダーの筋肉を見ていると納得できる部分があります。

あのすばらしい肉体は、当然筋肉が鍛えられることでつくられます。

彼(彼女)らはコンテストに向けて筋肉を鍛え上げていますが、コンテストが無い冬の期間はどうなっているか意外と知られていませんよね。

実は、ポッチャリ体型な方が多いのです。
筋肉は使わないと脂肪がついてしまうのですが、しっかり運動することでその部分の脂肪を落とすことができるのです。

牛肉においても、ほとんど運動することのない腹部分(カルビ)は、脂肪たっぷりですよね。
逆に重い体重を支えている脚部分は、脂が少ないです。

このように、最近の研究では運動する部位をコントロールすることで、
やせる部分をある程度選択できるということが分かってきました。

内臓脂肪型の肥満は、将来的に大変危険ですので、
部分やせで効率的にやせられれば非常にうれしいことですね。

 

コメントを残す




CAPTCHA