腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

メタボ体型が睡眠に影響!?睡眠時無呼吸症候群の本当の恐ろしさ

スポンサーリンク

最近、マスコミ等でも話題になっている「睡眠時無呼吸症候群」ですが、この記事を読んでいるあなたは大丈夫でしょうか?
私もこの無呼吸症候群ですが、自覚症状が全くと言っていいほどありません。
まぁ、眠っている時の症状ですからね。当たり前と言えば当たり前ですが。。。
実はこの病気太っている人がかかりやすい病気なのです。

メタボ体型がなりやすい無呼吸。その理由は?

メタボだからといって必ずこの症状がでるとは限りませんが、肥満体系の人に多いのは事実です。また、男性に圧倒的に多い病気でもあります。
体に脂肪が付いて太るというと、お腹や二の腕そして太もも等にお肉が付くイメージがありますが、何と舌や食道にも脂肪がついてしまうのです。
これにより、気道が狭くなり寝ている時に無呼吸が起こりやすくまります。
寝ている時は、舌の緊張も無くなってダラリと垂れ下がり、ノドを塞ぎやすくなってしまいます。
このように、メタボ体型では一般的に睡眠時無呼吸症候群の症状が現れやすくなります。

睡眠障害によって体に様々な悪影響が出てきます。

睡眠時無呼吸症呼応群で日中眠い たかが睡眠と思われる方も多いかもしれませんが、この睡眠時無呼吸症候群は体に様々な悪影響を与えてしまいます。
まず、脳がしっかり眠れていませんので朝起きた時にだるさを感じますし、日中に強い眠気を感じてしまいます。
また、脳みそが眠れていない日が長期間続くことでうつ病を発症してしまうことがあります。 この記事を書いている私も実は、無呼吸症候群からうつ病を発症していました。
うつ病は脳の病気とも言われますが、本人はしっかり寝ているつもりでも脳は眠れていないため気持ちが沈んでしまいうつ病を発症してしまいました。
うつ病と診断された当初は、無呼吸症候群だとは夢にも思わず、
単に仕事が忙しくて「うつ」になってしまったと思い込んでいました。
しかし、十分に休養をとってもうつ病は回復せず困り果てた頃に妻から、夜寝ている時に息をしていないと指摘を受けて発覚した次第です。
このように、私はメタボ体型であるがゆえに、色々体に悪影響が出てしまいダイエットを実行しました。
このブログでは、メタボ体型による悪影響に関して、そして、中年男性向けの効果的なダイエット法をご紹介できればと思っています。

コメントを残す




CAPTCHA