腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

突然死を引き起こす心筋梗塞の原因・予防策を調べてみた。

スポンサーリンク

突然死を引き起こす心筋梗塞について、原因や予防策などをご紹介したいと思います。
心筋梗塞は、心臓の血管が詰まる病気で動脈硬化の人が多く発症する病気です。
動脈硬化は、肥満の方に多い高血圧や高脂血症が原因となる事が多いと言われていますが、これは事実なのでしょうか?
動脈硬化自体は自覚症状がほとんどありませんが、重大な病気の引き金となります。
この理由もあり、動脈硬化はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれています。

心筋梗塞はメタボな人がかかりやすいって本当?

心筋梗塞

心筋梗塞は、突然死をも引き起こす非常に恐ろしい病気ですが、どんな人がかかりやすいのでしょうか?

心筋梗塞とはどんな病気なのかを見ていくことで、
その答えは見えてきました。

心筋梗塞とは、心臓のまわりを巡っている冠状動脈(冠動脈)が詰まってしまい、心臓に血液が流れ込まなくなることにより発生する病気です。
(冠状動脈(冠動脈)とは、以下の図をご覧ください)

冠状動脈

ここが詰まることで、心臓は壊死してしまい血液を体中に送り込むことができなくなります。
こうなると、身体に重大な症状が起きてしまいますし、当然命に関わってきます。

それでは、なぜ冠状動脈が詰まってしまうようなことが起きるのでしょうか?
一番の原因は、動脈硬化にあります。
血管の詰まり動脈硬化というのは、高血圧などにより文字通り血管が硬くなってしまう事にあります。

血管が硬くなってしまう事で、血流が悪くなってしまいます。

また、血中の脂肪が多いと血管内にコブとしてたまりやすくなります
(このコブをプラークと呼びます)

ただでさえ、動脈硬化で血流が悪い状態なのに、プラークによりさらに流れが悪くなります。
さらにプラークが破れ、そこから発生した血栓が血管を完全にふさぐと心筋梗塞となります。

動脈硬化を引き起こす高血圧、プラークを発生させる血中の脂肪、

両方とも肥満が大きく関係しています。
特に内臓脂肪型の肥満に多く見られます。

心筋梗塞を予防するにはどうすればいいの?

ダイエットした男性心筋梗塞を予防するには、やはり動脈硬化にかからない事です。

動脈硬化を予防するには、中性脂肪を減らしたり、血圧を下げることが一番です。

内臓脂肪を減らすことで、高血圧や脂肪過多の危険を低下させることができます。

減量以外にも、お酒を減らす、禁煙、減塩、適度な運動も効果的です。
まあ、お酒や適度な運動は、肥満対策にもつながりますよね。
チョット怖い心筋梗塞ですが、長期的な目で改善していくことで、
リスクを大幅に減らすことが可能なのです。

コメントを残す




CAPTCHA