腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

結構大変です!無呼吸症候群の治療までの流れ。

スポンサーリンク

無呼吸症候群が疑われる場合、どのように行動すればいいのでしょうか?
この病気の名前は良く聞くようになりましたが、実際にどう行動すれば良いのかまで知っている方は少ないかと思います。
実際に私が体験した、無呼吸症候群治療までの流れをご説明したいと思います。
基本的な流れとしては、

  1. 病院の受診
  2. 簡易検査
  3. 入院検査

という流れになります。
それではまず、どの病院にかかればいいのかをご説明いたします。

無呼吸症候群は、何科を受診すればいいの?

一般的には、呼吸器内科や耳鼻咽喉科で良いですが、
一番いいのは、睡眠障害を専門に診ている病院です。
無呼吸を診るための設備も整っていますし、お医者さんの知識も豊富です。
実際に私が受診した際は、CTスキャンや、顔のレントゲン、心電図など様々な検査を行い総合的に判断されました。
そういった意味でも、設備が整った病院の方がスムーズに事が進むと思います。

簡易検査はどのように行われるの?

無呼吸症候群が疑われる場合、いきなり入院検査をするわけではなく、
まずは、簡易検査を行います。

簡易検査

このように、眠るときに簡易的な機器を指と鼻に付けて、自宅で検査を行います。
この検査で分かる事は、血中の酸素濃度や無呼吸の回数、いびきの有無などが分かります。
私の場合は、この簡易検査で1時間当たり40回も呼吸が止まっていることが分かりました。
さらに、無呼吸が最長で1分30秒も続いていることも分かったのです。
この検査を受けて、無呼吸の疑いが強まった場合は、入院検査へと進みます。

入院検査ではどんなことをするの?気になる費用は?

入院検査

入院検査では、体中にセンサーを付けて眠り、様々なデータを取得します。
(上の写真は、頭に付けたセンサーです)
血中の酸素濃度や無呼吸の回数などはもちろん、
脳波を測定することで睡眠の深さを判定したり、いびきの有無、
手足のけいれんや、眼球・口・胸の動きなども見ることができます。
この入院検査を受けることで、あなたの睡眠の質が良く分かります。
私の場合は、脳が深い眠りに入った途端に無呼吸が起こり、脳波が乱れていることが分かりました。
このような状態が一晩中続いており、脳はほとんど眠れていないことが判明したのです。

入院検査の費用は、1回あたり15,000円~20,000円程度かかります(3割負担)。
私の場合は、2回入院検査をしました。 チョット負担が大きいですよね。
でも、無呼吸は放っておくと命にかかわる病気ですし、やむを得ないですね。

また、全身にセンサーを付けているためになかなか眠りにつくことができませんでしたし、
眠っている間も何回か目が覚めたりして、いつも以上に寝た気がしませんでした。
眠れない場合は、睡眠導入剤を支給してくれる病院もあるようです。
私は、睡眠導入剤の力を借りて何とか眠りにつくことができました。
それでも眠りにつくまでに2時間くらいかかりましたけどね(汗)

 

コメントを残す




CAPTCHA