腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

我慢強い肝臓をいじめないで!肥満は肝臓の大敵!

スポンサーリンク

肥満は肝臓の敵と言われるように、太っていると肝臓に色々な悪影響を与えてしまいます。
肝臓では、脂肪酸から中性脂肪が作られ、各臓器にエネルギーとして血管を通じて配分されますが、
摂取するカロリーが消費するカロリーを上回ると、中性脂肪は消費されることなく肝臓に蓄積されてしまいます。
また、飲酒もこの中性脂肪を増やす要因となっています。
肥満の方でお酒も良く飲むという方は、健康診断などで中性脂肪の値をチェックしてみてはいかがでしょうか。

メタボな方は要注意!最終的には肝臓がんの可能性も!

メタボな方・お酒を飲む方は肝臓に中性脂肪が蓄積されやすいです。
一般的に健康な人の肝臓には2%程度の脂肪が含まれていますが、
5%以上になると脂肪肝と言われます。

でも、脂肪肝になったからといって特に症状が現れるわけではありません。
肝臓は「沈黙の臓器」といわれ自覚症状が現れることはほとんどありません。
逆を言うと自覚症状が出てた頃にはもう手遅れということになります。
従って、定期的に健康診断を受け、中性脂肪の値に注意を払う必要があります。

脂肪肝からさらに症状が進行するとどうなってしまうのか?

不健康な肝臓肝臓は沈黙の臓器とお話ししました通り、自覚症状がないため症状が進行しても気づく事は難しいです。

脂肪肝をそのまま放置しておくと、肝硬変や肝臓がんになってしまう場合もあります。

肝硬変とは、肝臓が小さく硬くなってしまう病気です。
ここまで悪化しても、自覚症状が無い場合もあります。

現代の医学でも、肝硬変を完全に治療するのは難しい状況です。
しかし、早期発見の場合はまだ回復の見込みがあります。
肥満の方でさらにお酒をたくさん飲む方は、特に注意した方が良さそうですね。

肝臓の悪化を防ぐにはしばらくの禁酒

お酒の飲みすぎ肥満は確かに肝臓に良くありませんが、適切な対処をすれば恐れることはありません。

内臓脂肪を減らすことで、肝臓に蓄積された中性脂肪を減らすことは可能ですが、もっと簡単に減らす方法があります。

それは、アルコールを断つことです。
なにも、一生飲めなくなるわけではありません。

理想は、2か月程度すっぱりと止めると、お酒による中性脂肪の影響はほぼなくなります。
それ以降は、休肝日を設けて適切な量を飲むのであれば問題ありません。
飲みすぎなければ中性脂肪は増えません。
これは、私の実体験に基づくもので、万人に効果を保証するものではありませんが、非常に効果が高いと思います。

完全にお酒を断つのは難しい方は、減らすことでも改善します。
でも、中性脂肪の減り方はゆっくりになりますし、「飲む量を減らす」というのはストレスがたまるので難しいように思います。
これは、性格にもよるかもしれませんが、潔くお酒を断った方が健康にも良いですし効果が出るのが早いのでおすすめです(^’^)

 

コメントを残す




CAPTCHA