腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

腰痛に悩んでいる方必見!治したければまずダイエット!

スポンサーリンク

一般的に腰痛は、中高年に多い症状です。
ただし、中高年だからといって必ず発症するものではなく、
実は肥満が主な原因となっているのです。
腰痛はなぜ起こるのか?
そのあたりを詳しく見ていくと肥満がいかに腰に悪影響を与えているかが分かってくるかと思います。

中高年の病気「腰痛」はなぜ起こるのか?

骨格のゆがみ
腰痛といえば、中高年の男性に多い病気として知られていますが、
その主な原因は、メタボ体質にあるのです。

腰痛の主な原因は、以下の3つと言われています。

 

 筋力の低下
デスクワークに伴う運動不足などで、筋力が落ちてしまうと
腰を支える筋力も落ちてしまい、腰痛の原因となります。

 骨格のゆがみ
姿勢が悪かったり、足を組む癖があると骨格がゆがみ、
特に腰部分に負荷がかかり腰を痛める原因となります。

 血行不良
運動不足やきつい下着などを付けていると筋肉が血管を圧迫して
血液の流れが悪くなり、腰痛を引き起こします。

これら3つの原因は、全て肥満が原因の事が多いのです。
それでは、なぜ肥満が腰痛を引き起こすのかについて
ご説明したいと思います。

メタボ体質は要注意!肥満が腰痛を引き起こす原因

腰痛の男性中高年の体の悩みとして、「腰痛」「肩こり」「肥満」があげられますが、
そのうち腰痛と肥満は密接な関係にあります。

まず、 にあげられている筋力に関してですが、
肥満による運動不足で筋力がドンドン落ちてしまいます。腰を支える筋力が落ちてしまうと、背骨にかかる負荷が増大して腰痛にかかりやすくなります。

さらに、 の骨格ゆがみですが、
お腹にお肉が付くことにより、姿勢が悪くなり腰痛が悪化してしまいます。
重心が一直線の状態では腰にかかる負荷は最少となります。
これは、頭⇒背骨⇒腰⇒足 と重心が一直線になっている状態です。
しかし、メタボでお腹にお肉が付いた状態だと、反り返ったような姿勢になりがちで、
一直線な状態を保てません。
その場合、反った腰の部分に力が集中し腰を痛めやすくなります。

最後に、 の血行不良ですが、
メタボ体質で脂肪が多いと、血管が圧迫されて血行不良になってしまいます。
この血行不良が筋肉の疲労を蓄積し、腰を痛めてしまう要因となってしまいます。
このように、肥満と腰痛は切っても切れない関係になるのです。

腰に負担がかかる状況として、荷物を持った時をまず思い浮かべますが、
立ったり、座ったりするだけでも負担がかかります。
一般的に、体重の2.5倍もの負荷が腰にかかると言われています。
体重が70kgの人であれば175kgもの負荷がかかるんです。

腰痛は、湿布やピップエレキバンなどで確かに症状は和らぎますが、
肥満を解消することで腰痛の根本的な原因を取り除くことができます。
ダイエットは簡単ではありませんが、長年腰痛に悩まされている方であれば挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

コメントを残す




CAPTCHA