腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

飲み会でダイエット可能!オーダーの順番で変わる摂取カロリー

スポンサーリンク

男性のダイエット中の最大の敵と言えば、「飲み会への誘い」ではないでしょうか?

「ちょっと一杯どう?」ってクイッとやられると、
「いいねー」なんて言って飲みに行ってしまいますよね。

ここで、「いや、今はダイエット中だから」って断れる強い意志のある人は、
とっくの昔にダイエットに成功しています(笑)

どうしても断れない飲み会。
でも、飲み会のオーダーを工夫するだけで摂取カロリーを大幅に減らせるんです。

お酒の鉄則。ビールや日本酒は太り、焼酎、ウイスキーは太らない

ビールアルコール自体にカロリーが含まれているのですが、
一般的に、ビールや日本酒などの醸造酒は太りやすく、
焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は太りにくいのです。

これは、ビールの原料となる「麦」、日本酒の原料となる「米」のような穀物が
さらに太りやすくする原因なのです。

特にビールは、揚げ物、ソーセージなどの高カロリーなものと非常に相性がいいため、
さらに太りやすくなってしまいます。

従って飲み会では、極力ビールは飲まないようにするのが望ましいのです。

とはいっても、それではビール好きにとっては酷なので、最初の1~2杯程度はビールにして、
それ以降、酔いが回ってきたら、焼酎などカロリーの低いものに切り替えてはいかがでしょうか?

「つまみ」を制すれば、ダイエットを制す!

食物繊維の多いつまみ

飲み会における「つまみ」はこれまたやっかいなんです。
実は、お酒以上に「つまみ」から摂取するカロリーの方が多いからです。

ということは、オーダーするつまみを工夫することで、飲み会におけるカロリーを大幅に抑えることができるんです。

 飲み会の前にチーズを食べ、胃に膜を張る
 一番最初のオーダーは、野菜類や海藻類などの食物繊維の多いもの
 高カロリー・高糖質な揚げ物・ご飯ものはラストオーダーにする

これを実行するだけで、飲み会のカロリーは大幅に減らすことができるでしょう。

 の飲み会の前にチーズを食べておくことで、胃に脂肪の膜を張り、
悪酔いを防ぐと同時に、後から食べるものの吸収を穏やかにしてくれるため、
血糖値の上昇をゆっくりにしてくれます。

 の食物繊維も血糖値の上昇を穏やかにしてくれるため、
ダイエットには最適のおつまみになります。

そして最後に、高カロリー・高糖質な食材を食べます( )。
最初にこれらの高カロリーな食材を食べてしまうと、
際限無くお腹いっぱいになるまでドンドン食べてしまうので、
一番最後にしておきましょう。

このように、飲み会におけるお酒の飲み方、おつまみのオーダーの仕方を工夫するだけで、
摂取カロリーを大幅に減らすことができるので試してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す




CAPTCHA