腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

甘く見てはいけない!血糖値が高いとこんなに恐ろしいことが!

スポンサーリンク

血糖値は健康診断などで良く測定されます。

血糖値を知る指標にはどんなものがあり、
健康の基準値はどれくらいなのかについて書いていきたいと思います。

また、血糖と聞くと「悪者」のイメージがありますが、
血糖値が高いと体にどんな悪影響を及ぼしてしまうのかについてもご紹介したいと思います。

健康診断から知る、血糖値の判断基準は?

健康診断の採血健康診断などで血糖値が分かる指標は2種類あります。

1つは「血糖値」で良く知られた指標ですね。
もう一つは、A1c(HbA1c)と呼ばれるものです。

「血糖値」は血液中のブドウ糖の濃度を示しており、
「A1c(HbA1c)」は、過去2か月間程度の血糖の濃度が分かる、ヘモグロビンの濃度を示しています。

生活習慣病のリスクが高まる基準値は、
血糖値が100mg/dL以上、A1c(HbA1c)が5.6%以上となっています。

健康診断の指標を見直して、値を確認してみてはいかがでしょうか。
基準値を上回っている場合は、ダイエットなど生活習慣の見直しが必要となってきます。

血糖値が高いとなぜ体に悪影響が出てしまうのか?

糖質の多い食べ物さて、血糖値の基準値が分かったところで、なぜ、人間の体にとって糖分が多いと悪影響になってしまうのでしょうか?

本来、糖質は人間が生きていく上で重要なエネルギー源であり、
少なすぎる場合も生命を維持できません。

でも、高すぎる場合もあなたの体に様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。

血糖値はどんな時に上昇するのかと言えば、食事をした直後です。
特に、糖分を摂取した特はビックリするくらい急上昇します。

ちなみに、血液検査は空腹時に行うのも、この食事後の血糖値上昇があるからです。

食事で摂取した糖質が分解されてブドウ糖になって、
エネルギー源として血液を通して全身に運ばれるため血糖値が急上昇するのです。

体全体にブドウ糖が運ばれると、膵臓からインスリンが分泌されて、
そのインスリンの働きで、筋肉など各器官にブドウ糖がエネルギー源として取り込まれ、
血糖値は次第に下がっていきます。

このように、インスリンはブドウ糖をエネルギーとして取り込み、血糖値を下げる役割を果たしますが、悪影響もたくさんあるのです。

糖質の悪影響

まず、インスリン自体が血管にダメージを与えてしまいます。
適切な量であれば問題なのですが、普段から糖質を多く摂取し、
インスリンの分泌量が多いと血管へのダメージも大きくなってしまいます。

また、ブドウ糖を吸収してエネルギーとする際に、中性脂肪を作りしてしまい、
内蔵に蓄積されてしまいます。
甘いものを食べ過ぎると太るのもこの理屈です。

このように、インスリンは重要な役割を果たす一方で、
血管にダメージを与えてしまい、より肥満を促してしまうのです。

血糖値が高い状態を解消するには、適度な運動と糖質を摂らないことが重要になってきます。
糖質は重要なエネルギー源では?と思う方も多いかと思いますが、
糖質は全く摂取しなくても問題ないのです。
人間のエネルギー源は、たんぱく質で十分であることは医学的にもすでに証明されています。

タンパク質であればインスリンも出ませんので、体にはとても優しいのですよ♪

 

コメントを残す




CAPTCHA