腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

メタボの基準とは?メタボを早期発見して早めに手を打とう。

スポンサーリンク

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が蓄積されたタイプの肥満です。
この内臓脂肪が非常に厄介で、高血圧、高脂血症、中性脂肪の増加など様々な悪影響をおぼしていきます。
これら症状は自覚症状が無いため対策が遅れがちです。
でも、対策せずに放っておくと脳梗塞や心筋梗塞など重大な病気につながっていきます。
お腹がポッコリと出てきたら、メタボを疑った方が良いですが、
明確な基準があると一つの目安になりますよね。
この記事ではメタボリックシンドロームの基準についてお話ししたいと思います。

メタボリックシンドロームの基準とは?

それでは、メタボの基準をご紹介したいと思います。
メタボ判定基準

メタボの診断基準は、まず必須項目である胸囲から判定します。

うすいオレンジ色の必須項目である、胸囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上に該当する方は、水色の選択項目で判定します。
水色の3項目のうち2つの項目があてはまれば、メタボリックシンドロームと判定されます。

必須項目で胸囲を見ることで内臓脂肪の蓄積を判定し、
水色の選択項目で内臓脂肪が蓄積したことによる影響が出ているかを判定するのです。
中性脂肪や血糖値などは通常の健康診断で測定する項目ですので、気になる方は健康診断の結果を見返して判定してみてはいかがでしょうか。

メタボ判定は本当に意味があるのか?

健康診断の採血メタボリックシンドロームの判定基準をご紹介しましたが、ちょっとおかしいなと思うところはありませんでしたか?

実は、胸囲の判定に身長が考慮されていません。

一般的に身長が高い人ほど胸囲も大きい傾向にありますからね。
なので、胸囲だけではなく「肥満指数BMI」も考慮してみるといいかもしれません。


体重(kg)÷ { 身長(m)× 身長(m)}= BMI(肥満度)

となっており、25以上が肥満とされています。

また、選択項目の「中性脂肪」「血圧」「血糖値」はいずれもやや厳しめの判定値となっており、
該当するからと言ってすぐに重大な疾患につながるわけではありません。
上記判定値の目的はあくまで早期発見に主眼を置いているので、必要以上に心配になる必要はありません。
むしろ「早めに気付いて良かった」と思ってもいいかもしれません。

ただし、上記判定値を大きく超えていたり、長期間放置していたりすると
身体に良くはありませんので、対策を取ることをおすすめします。

内臓脂肪は、大変怖いものですがきちんと対策を取れば、皮下脂肪と比べて簡単に落とすことができますよ。

コメントを残す




CAPTCHA