念願のCPAPを外す時まであと一歩!あることをすれば外せるのだ!

重度の無呼吸症候群になってしまうと、
CPAPと呼ばれる呼吸の補助器を付けて眠ることになります。

これがまた非常に寝心地が悪いんですよね。
鼻から空気が送り込まれてくるわけですが、
その鼻の調子が悪い(鼻が詰まっている)時はさらに最悪になります。

鼻が詰まっているのにドンドン空気が送り込まれ、
口では機械が邪魔して息がしにくい。
こんな状態で眠れると思いますか?

この記事では、私が経験したCPAPのつらさと、
CPAPを外せそうになるまでの体験をお話ししたいと思います。

念願のCPAPを外す時まであと一歩!あることをすれば外せるのだ!

とにかくCPAPは暑い!そんな方に快適で涼しく寝る秘訣を伝授!

CPAPを付けたことがある方ならお分かりかと思うのですが、
とにかく暑いですよね。
僕の場合は、付け始めが去年の12月で、
冬だったこともあり、暑さはあまり意識はしていませんでしたが、
今5月になってCPAPを付けて寝るととても暑いことが分かりました。

CPAPを付けているだけでも寝苦しいのに、
これに暑さが加わるととてもじゃありませんが、寝てられません。。。

今年(2015年)の5月は例年以上の暑さということもあるのですが、
これから真夏を迎えると思うとげんなりしてきます。

CPAPを付けていても涼しく寝る方法はあるのか、
考えてみました。

とにかくCPAPは暑い!そんな方に快適で涼しく寝る秘訣を伝授!

う~ん、CPAP治療も楽じゃない!無呼吸経験者が語る苦労話し

スポンサーリンク

重度の無呼吸症候群の人って「CPAP(シーパップ)」と呼ばれる、
強制的に鼻から空気を送り込む装置を付けて寝ています。

僕も1時間に40回くらい呼吸が止まる重度の無呼吸でCPAPを付けているのですが、
なかなか慣れませんでした。

付け始めて3か月くらいたってようやく慣れてきたかなぁって、
かすかに思えるくらいになってきました。

う~ん、CPAP治療も楽じゃない!無呼吸経験者が語る苦労話し

いくら通院しても無呼吸は治らない!無駄な医療費を払い続けますか?

僕は重症の無呼吸症候群で、今現在もCPAPを使っているんですが、
ずっと疑問に感じていることがありました。

それは、

 なぜCPAPを購入できないのか?
 なぜ毎月通院しなくてはいけないのか?
という事です。

毎月の通院費とCPAPレンタル費で月々5,000円~6,000円もかかるんです(泣)

CPAPを購入できて、通院義務も無くなればどんなにお金が浮くだろうと考えてしまいます。

でも、CPAPを購入できて、さらに通院しなくても良い方法を見つけたんです♪

いくら通院しても無呼吸は治らない!無駄な医療費を払い続けますか?

10年間で数十万円もお得!無呼吸症候群の治療費を格段に安く!

無呼吸症候群になってしまうと体に大きな負担がかかってしまいますが、
経済的にも大きな負担となってしまうんですね。

ざっと計算すると、治療費が年間6万円もかかってしまうんです。
10年間だと60万円ですよ!

無呼吸症候群は、基本的には一生付き合っていく病気なんで、
この治療費もずっと払い続ける必要があるんです(泣)

そんな無呼吸症候群の治療費を大幅に減らす唯一の方法を教えちゃいますね!

10年間で数十万円もお得!無呼吸症候群の治療費を格段に安く!