血管が詰まってからでは遅い!動脈硬化はなぜ起こるのか?

スポンサーリンク

動脈硬化とは、文字通り動脈が硬くなってしまう病気です。
動脈硬化自体に自覚症状はありませんが、長期間放置していると
最終的には重大な病気の原因にもなりえます。
動脈硬化は、太っている人ほどかかりやすい
と言われていますが、それはなぜなのでしょうか?

血管が詰まってからでは遅い!動脈硬化はなぜ起こるのか?

太っている人は高血圧!? 高血圧は重大な疾患の危険性が!

みなさんは、普段血圧を意識していますか?

高血圧が良くないことは、ほとんどの方が知っていることだと思いますし、
塩分の取りすぎなど注意している方も多いかと思います。

普段の食生活が血圧に与える影響は大きいですが、体型も血圧に大きく影響してしまうんです!

一般的に、肥満体型の人は高血圧の場合が多いと言われています。

 太っているとなぜ高血圧になりやすいのか?
 高血圧はなぜ体に良くないのか?

について詳しく見ていきたいと思います。

太っている人は高血圧!? 高血圧は重大な疾患の危険性が!


肥満でこんな悪影響が!実際、どんな病気にかかりやすいのか?

肥満の人は、様々な病気のリスクを抱えています。
肥満だからといって必ずしも病気になるわけではないので、
必要以上に恐れる必要はありませんが、
可能性としては高まるので注意しておく必要があります。

特に、内臓に脂肪がたまる内臓脂肪型の肥満の方は特に注意が必要です。
少しでもリスクを減らしたい方はダイエットすることをおすすめします。
ただし、過度なダイエットは逆に体に良くありませんので、ほどほどにお願いしますね。
この記事では、太っていることによってどんな病気のリスクがあるのかをお話ししていきたいと思います。

肥満でこんな悪影響が!実際、どんな病気にかかりやすいのか?