脂肪肝は肝硬変や肝がんへとつながる恐ろしい病気です

脂肪肝

一昔前まで、脂肪肝はそれほど恐ろしい病気ではありませんでした。
かつて肝臓の病気で恐れられていたのは、B型、C型のウイルス性肝炎でした。
ウイルス性の肝炎は、進行すると肝硬変や肝臓がんとなってしまいます。

しかし、近年は脂肪肝においても肝硬変や肝がんへと進行してしまう
悪質なものがある事が分かってきました。

脂肪肝は肝硬変や肝がんへとつながる恐ろしい病気です

我慢強い肝臓をいじめないで!肥満は肝臓の大敵!

健康な肝臓

肥満は肝臓の敵と言われるように、太っていると肝臓に色々な悪影響を与えてしまいます。
肝臓では、脂肪酸から中性脂肪が作られ、各臓器にエネルギーとして血管を通じて配分されますが、
摂取するカロリーが消費するカロリーを上回ると、中性脂肪は消費されることなく肝臓に蓄積されてしまいます。
また、飲酒もこの中性脂肪を増やす要因となっています。
肥満の方でお酒も良く飲むという方は、健康診断などで中性脂肪の値をチェックしてみてはいかがでしょうか。

我慢強い肝臓をいじめないで!肥満は肝臓の大敵!

肥満でこんな悪影響が!実際、どんな病気にかかりやすいのか?

心筋梗塞

肥満の人は、様々な病気のリスクを抱えています。
肥満だからといって必ずしも病気になるわけではないので、
必要以上に恐れる必要はありませんが、
可能性としては高まるので注意しておく必要があります。

特に、内臓に脂肪がたまる内臓脂肪型の肥満の方は特に注意が必要です。
少しでもリスクを減らしたい方はダイエットすることをおすすめします。
ただし、過度なダイエットは逆に体に良くありませんので、ほどほどにお願いしますね。
この記事では、太っていることによってどんな病気のリスクがあるのかをお話ししていきたいと思います。

肥満でこんな悪影響が!実際、どんな病気にかかりやすいのか?