なぜ男性の寿命は女性より短いのか?その理由を明らかにする!

健康な男性

日本人の平均寿命は年々伸びてきています。
これも、ひとえに医学の進歩と言っていいでしょう。
男性の平均寿命も2014年についに80歳を超えました。

でも、相変わらず男女差が大きいと思いませんか?

男性が初めて平均寿命が80歳を超えましたが、
女性はすでに86.61歳です。
女性が80歳を超えたのは、1980年のことで
今から35年も前のことです。

なぜ男性の寿命は女性より短いのか?その理由を明らかにする!

近年、生活習慣病が多いのは糖質の取りすぎと運動不足にあった!

糖質の取りすぎ

糖質は、肥満や糖尿病など、様々な病気を引き起こしますが、
人類の歴史700万年において、今の様に糖質を多く取るようになったのは、
最近の1万年間だけです。

1万年前に穀物栽培が始まり、人類は糖質を良く摂取するようになったのです。

700万年のうち1万年ですから、人間の体が糖質をたくさん摂取できるように
進化するにはあまりにも短い期間です。

とくに現代社会では、精米された白米、白い小麦粉のような
炭水化物を常用するようになったのは、ここ100年ほどです。

近年、生活習慣病が多いのは糖質の取りすぎと運動不足にあった!

知っているようで知らない!?生活習慣病は肥満の病気です。

生活習慣病

「生活習慣病」ってなんとなくは知っているけど、具体的にどんな病気なのか?
なぜ生活習慣病になってしまうのか?
について詳しく知っていう方は少ないのかなぁと思いってます。

生活習慣病という名前の病気は存在してなくて、生活習慣に起因した病気の総称です。

この記事では、その生活習慣病に関して詳しく見ていきたいと思います。

知っているようで知らない!?生活習慣病は肥満の病気です。

内臓脂肪型・皮下脂肪型、同じ肥満でも全然違います!

腹の出た男性

肥満には、「内臓脂肪型」と「皮下脂肪型」がありますが、
これらの違いについて詳しく見ていきたいと思います。
同じ肥満ですが、性質が全然異なります。
内臓脂肪型の肥満は男性に良く見られ、生活習慣病の危険性は、この内臓脂肪型の方が圧倒的に高いです。
この肥満は、お腹がポッコリするのが特徴なのですが、
なぜ腹に脂肪が付きやすいのか、腹に脂肪が付くとどんな危険性があるのかについても、
ご紹介していきたいと思います。

内臓脂肪型・皮下脂肪型、同じ肥満でも全然違います!

えっ!?命にかかわる病気?睡眠時無呼吸症候群の本当の恐ろしさ

無呼吸を心配する

「睡眠時無呼吸症候群」
この言葉は、最近色々な場面で耳にするようになりましたね。

でも、この病気が何となく身体に良くない事は分かっていても、
この病気の本当の恐ろしさまではなかなか知られていないようです。

この記事では、

  • 無呼吸症候群とはどんな病気なのか。
  • 無呼吸症候群により、体にどんな異常が出てくるのか
  • 太っている人は無呼吸になりやすい?

に関して書いていこうと思います。

えっ!?命にかかわる病気?睡眠時無呼吸症候群の本当の恐ろしさ