メタボ男性に朗報!腹だけの部分やせが可能に!

腹やせ

メタボ体型の中年男性であれば、「このたるんだ腹を何とかしたい!」
と考えている方は多いかと思います。
特に、内臓脂肪型の肥満の人は、腹はポッコリ出ているにも関わらず、
手足は意外と細い方も多いですよね。
腹さえ何とかなれば、スリムなナイスミドル(死語?)になる方もたくさんいらっしゃるかと思います。
でも、本当に腹だけ痩せるってことは可能なのでしょうか?
生理学では、部分やせはできないという主張が優勢でした。
しかし、「過去の常識は今の非常識」という言葉にもあるように、
人間の体の解明も年々進歩しています。
最近の研究では、部分やせは可能という主張も出てきています。

メタボ男性に朗報!腹だけの部分やせが可能に!

メタボは尿酸値が高い!心筋梗塞など重大疾患につながる可能性も!

痛風

近年の日本人は、食生活の変化に伴い痛風を患う人が増えています。
痛風は尿酸値が高い方に多く見られますが、その原因は肥満によるところが大きいのです。
痛風もつらい病気ですが放置していると将来的には、心筋梗塞などの大変な病気の要因となってしまいます。
ここでは、肥満の方はなぜ尿酸値が高いのかについて書いていきたいと思います。

メタボは尿酸値が高い!心筋梗塞など重大疾患につながる可能性も!

男がダイエットを決意する本当の理由

ダイエットする男性

かつて「ダイエット」といえば、女性というイメージが強かったですが、
最近は男性も、ダイエットをするようになってきましたね。

僕もいやいやですがダイエットしています^^;

そういえば、男性向けダイエットのCMも増えてきましたね。男性お笑いの芸人がスリムになってドヤ顔で出ていたりしてます(笑)
しかし、なぜ男性もダイエットをするようになったのでしょうか。

色々調べてみると、ダイエットを決意する理由は、女性と男性で大きく異なる事が分かりました。

男がダイエットを決意する本当の理由

メタボの基準とは?メタボを早期発見して早めに手を打とう。

メタボの男性

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が蓄積されたタイプの肥満です。
この内臓脂肪が非常に厄介で、高血圧、高脂血症、中性脂肪の増加など様々な悪影響をおぼしていきます。
これら症状は自覚症状が無いため対策が遅れがちです。
でも、対策せずに放っておくと脳梗塞や心筋梗塞など重大な病気につながっていきます。
お腹がポッコリと出てきたら、メタボを疑った方が良いですが、
明確な基準があると一つの目安になりますよね。
この記事ではメタボリックシンドロームの基準についてお話ししたいと思います。

メタボの基準とは?メタボを早期発見して早めに手を打とう。

本当に危険な肥満とは?太っている人全員が危険な訳ではありません

脂肪が付いたお腹

みなさんは太っていることに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「不健康」「体に悪い」「病気にかかりやすい」など悪いイメージが先行しているのではないでしょうか?
実は、太っているからと言って必ずしもこれらがあてはまるわけではありません。
ある統計によれば、チョット太り気味の方が痩せている人より寿命が長い、という事も言われていますしね。
実は肥満にも2タイプがあり、一方は特に問題は無いのですが、
もう一方は、命にかかる危険な病気を引き起こしかねない肥満タイプなのです。
この記事ではそのあたりを深く掘り下げて紹介していこうと思います。

本当に危険な肥満とは?太っている人全員が危険な訳ではありません