飲み会でダイエット可能!オーダーの順番で変わる摂取カロリー

飲み会

男性のダイエット中の最大の敵と言えば、「飲み会への誘い」ではないでしょうか?

「ちょっと一杯どう?」ってクイッとやられると、
「いいねー」なんて言って飲みに行ってしまいますよね。

ここで、「いや、今はダイエット中だから」って断れる強い意志のある人は、
とっくの昔にダイエットに成功しています(笑)

どうしても断れない飲み会。
でも、飲み会のオーダーを工夫するだけで摂取カロリーを大幅に減らせるんです。

飲み会でダイエット可能!オーダーの順番で変わる摂取カロリー

断酒せずに中性脂肪を下げるにはイマークS!その驚くべき効果とは?

イマークS

お酒の飲みすぎで中性脂肪が高い方は、
どうすれば効率的に中性脂肪を下げることができるでしょうか?

中性脂肪を甘く見てはいけません。

中性脂肪の値が1000を超えると急性膵炎の恐れがありますし、
250以上でも治療が必要なレベルです。

高中性脂肪は、将来的には動脈硬化や脳梗塞などの恐れがあるため、
先延ばしせずに対策を取る必要があります。

断酒せずに中性脂肪を下げるにはイマークS!その驚くべき効果とは?

ビールを医者から止められた僕が断言!ビールで太るは本当です。

ビールが好き

 

お酒の飲みすぎは、中性脂肪を増加させ、さらには危険な内臓脂肪も増加させます。
お酒に含まれるカロリーも問題なんですが、アルコール分が、中性脂肪の増加に大きく影響しています。

だったら、アルコールの低いビールなら影響は少ないのでは?
って考えますよね。

はたしてそうなのでしょうか?

ビールと肥満の関係について詳しく調べてみました。

ビールを医者から止められた僕が断言!ビールで太るは本当です。

お酒は無呼吸症候群を悪化させる!メタボで多量の飲酒は要注意!

飲酒

無呼吸症候群は、肥満体型の人に多い病気です。
何故かと言いますと、喉や舌にも脂肪が付き、呼吸するための気道を細くしてしまうからです。
でも、無呼吸症候群を更に悪化させてしまう習慣として、「飲酒」があります。

お酒を飲むといびきをかく人も多いですが、
あれは、飲酒の影響で気道が細くなって呼吸がしにくくなっているために起こるのです。

この記事では、お酒と無呼吸の関係について詳しく書いていきたいと思います。

お酒は無呼吸症候群を悪化させる!メタボで多量の飲酒は要注意!

脂肪肝は肝硬変や肝がんへとつながる恐ろしい病気です

脂肪肝

一昔前まで、脂肪肝はそれほど恐ろしい病気ではありませんでした。
かつて肝臓の病気で恐れられていたのは、B型、C型のウイルス性肝炎でした。
ウイルス性の肝炎は、進行すると肝硬変や肝臓がんとなってしまいます。

しかし、近年は脂肪肝においても肝硬変や肝がんへと進行してしまう
悪質なものがある事が分かってきました。

脂肪肝は肝硬変や肝がんへとつながる恐ろしい病気です