有酸素運動のデメリットを知ることで、効果を2倍に引き上げる方法

スポンサーリンク

当ブログでも、有酸素運動は内蔵脂肪を落とすことができるとしてご紹介していますが、
デメリットは無いのかというと、そのようなことはありません。
どんなに素晴らしいものでも、必ずデメリットは存在します。

でも、このデメリットをしっかり把握することで、
有酸素運動を効率的に行う事ができますし、
何より「結果が出ない」と途中で投げ出すことも少なくなるのではと思います。

有酸素運動のデメリットを知ることで、効果を2倍に引き上げる方法

ただ長生きするだけでは意味が無い!最近注目の「健康寿命」とは?

現代の日本は、世界でも有数の長寿大国であるというのは、すでにご存じのことですよね。
2013年の平均寿命は、男性80.21歳、女性86.61歳といずれも過去最高を更新しました。
男性は、初めて80歳代に乗せましたね。
100年前の平均寿命が、30歳代という事を考えれば物凄い伸びですね。
この平均寿命の伸びが医学の進歩によるところも大きいですが、
反面、デメリットも浮き彫りとなっています。
それは、「健康寿命」という指標を用いるとその問題が見えてきます。

ただ長生きするだけでは意味が無い!最近注目の「健康寿命」とは?


メタボの原因は姿勢の悪さにあり!?効果的な姿勢改善法はコレ!

「メタボ体型で内臓脂肪が多く付いている方は、将来生活習慣病にかかる可能性が高い」
と本ブログでも書き続けてきました。
この内臓脂肪が多く付いていしまう理由の一つに姿勢が悪いことがあげられます。
人によっては、この姿勢を正すことで内臓脂肪が大幅に減少する方もいるようです。
なぜ姿勢が悪いと内臓脂肪が付きやすいのか、そして、姿勢を正して内臓脂肪を減らす方法をご紹介できればと思います。

メタボの原因は姿勢の悪さにあり!?効果的な姿勢改善法はコレ!

意外と知られていない無呼吸の治療費。そんな治療費の詳細を公開!

無呼吸症候群は、命にかかわる重大な疾患です。
アメリカでは年間4万人が無呼吸症候群で亡くなっています。
この記事を読まれているあなた、もしくはご家族がその疑いがある場合は、まずは医療機関を受診することをお勧めいたします。

それでは、無呼吸症候群の治療には、
いったいどれくらい費用がかかるのかについて書いていきます。

無呼吸症候群は、症状の重さなどによりいくつかの治療方法があります。
具体的にどんな治療法があるのか詳しく知りたい方は、治療方法の詳細をご覧ください。

意外と知られていない無呼吸の治療費。そんな治療費の詳細を公開!

突然死を引き起こす心筋梗塞の原因・予防策を調べてみた。

突然死を引き起こす心筋梗塞について、原因や予防策などをご紹介したいと思います。
心筋梗塞は、心臓の血管が詰まる病気で動脈硬化の人が多く発症する病気です。
動脈硬化は、肥満の方に多い高血圧や高脂血症が原因となる事が多いと言われていますが、これは事実なのでしょうか?
動脈硬化自体は自覚症状がほとんどありませんが、重大な病気の引き金となります。
この理由もあり、動脈硬化はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれています。

突然死を引き起こす心筋梗塞の原因・予防策を調べてみた。