糖質の取りすぎでストレス増大!そして肥満へとつながります。

スポンサーリンク

「ストレス太り」という言葉があるように、
ストレスと肥満は密接な関係にあります。

人間はストレスがかかると、
体内に脂肪をためやすくなり、さらに食欲も旺盛になってしまいます。

なぜ、そのようなことが起こるのかを詳しく書いていきたいと思います。

糖質の取りすぎでストレス増大!そして肥満へとつながります。

糖質の過剰摂取は、さらなる肥満を招き、老化も早めてしまいます。

人間は、食事をすると誰でも血糖値が上昇します。
適切な食事のもと上昇する血糖値であれば、大きな問題になりませんが、
メタボ体型の人の様に、普段から食べ過ぎている人は、問題になる事が多いです。

その問題の原因は、インスリンが過剰に分泌されることにあります。

インスリンは、食事をたくさんとればとるほど、大量に一気に分泌されます。
これが、体に大きな悪影響を及ぼします。
インスリンは、「肥満ホルモン」「老化ホルモン」と呼ばるほど体には悪いホルモンなのです。

糖質の過剰摂取は、さらなる肥満を招き、老化も早めてしまいます。


メタボ体型に多い高コレステロール。原因は食生活にあり!

コレステロールと聞くと、何か「非常に体に悪い物質」というイメージがあります。
はたして、コレステロール=悪 なのでしょうか?

これは、半分正解であり、半分は間違っています。

コレステロールは、私たち人間の体には無くてはならないものです。
一方で、コレステロールが増えすぎてしまうと、
将来的には、命にかかわるような病気になる可能性が高まります。

この記事では、なぜコレステロールが増えすぎてしまうのか、
コレステロールを抑えるにはどうすれば良いかにつてまとめたいと思います。

メタボ体型に多い高コレステロール。原因は食生活にあり!

早食いで確実に太ります!そんな早食いを直す3つの秘訣とは?

「しっかり噛んで食べる」
とても大事なことだとわかっていますが、
早食いが習慣化してしまっていると、直すのは難しいですよね。

でも、早食いは食べる量が増えてしまうだけではなくて、
エネルギーの消費効率も悪くなってしまうんです。

この記事では、なぜ早食いで太ってしまうのか
早食いを治すコツをご紹介したいと思います。

早食いで確実に太ります!そんな早食いを直す3つの秘訣とは?

ビールで太るは本当だった!でも無理して禁酒する必要はありません。

酒好きにとっては、毎日の晩酌が仕事のストレス解消にもなり、
「次の日もがんばろう!」と前向きな気持ちになれますよね。

私も、とってもお酒が好きなので、その気持ちは良く分かります。

でも、ダイエットという視点で見た場合、お酒は太りやすいと言われています。
本記事では、私が特に好きなビールと肥満に関してお話ししたいと思います。

ビールで太るは本当だった!でも無理して禁酒する必要はありません。