長生きすることが幸せではなく、どれだけ充実した人生を送れたか。

充実した人生

ここで突然ですが、質問を投げかけてみようと思います。
「あなたは長生きしたいですか?」

「長生きなんかしたくない」
こう答える人も多いのではないでしょうか。

たしかに、ムダに長生きしても意味が無いですよね。
人生は、生きた長さではなく、「どれだけ充実していたか」の方が重要ですよね。

でも、「健康で長生き」できれば、
充実した人生が送れる可能性が高まるのではないでしょうか?

長生きすることが幸せではなく、どれだけ充実した人生を送れたか。

人生に残された時間はわずか!どうせなら太く長く生きてみませんか?

人生

本ブログは、「一度しかない人生、健康で長生きする」ことを目標に情報発信しています。

でも、人によっては、「太く短く生きる」という考え方もあるかと思います。
人には色々価値観があり、その価値観を否定するつもりは全くありません。

でも、人生は長いんだから無理して長生きを目指さなくてもいいのでは?
と思って太く短い人生を目指しているのであれば、
本記事を読んで頂きたいなぁと思っています。

本当に人生は長いのでしょうか?この点について色々考えてみました。

人生に残された時間はわずか!どうせなら太く長く生きてみませんか?

ただ長生きするだけでは意味が無い!最近注目の「健康寿命」とは?

幸せな老夫婦

現代の日本は、世界でも有数の長寿大国であるというのは、すでにご存じのことですよね。
2013年の平均寿命は、男性80.21歳、女性86.61歳といずれも過去最高を更新しました。
男性は、初めて80歳代に乗せましたね。
100年前の平均寿命が、30歳代という事を考えれば物凄い伸びですね。
この平均寿命の伸びが医学の進歩によるところも大きいですが、
反面、デメリットも浮き彫りとなっています。
それは、「健康寿命」という指標を用いるとその問題が見えてきます。

ただ長生きするだけでは意味が無い!最近注目の「健康寿命」とは?