一生不眠を抱えるか?それとも思い切って挑戦し快眠を手にいれるか?

無呼吸症候群は眠っている間に呼吸が止まってしまう病気ですが、
根本的な原因を理解している人は少ないです。

無呼吸患者は医者に言われるがままにCPAPやマウスピースを使用しています。

無呼吸になった原因の説明として、
「太ったことによって気道や舌にも脂肪が付き、気道をふさぎやすくなり呼吸が止まる」
「あごが小さい人は無呼吸になりやすい」
などと説明を受けます。

しかし、どうやったら無呼吸が治るかは説明されません。
無呼吸にはいわゆる根本治療が無いとされてきましたから。

一生不眠を抱えるか?それとも思い切って挑戦し快眠を手にいれるか?

念願のCPAPを外す時まであと一歩!あることをすれば外せるのだ!

重度の無呼吸症候群になってしまうと、
CPAPと呼ばれる呼吸の補助器を付けて眠ることになります。

これがまた非常に寝心地が悪いんですよね。
鼻から空気が送り込まれてくるわけですが、
その鼻の調子が悪い(鼻が詰まっている)時はさらに最悪になります。

鼻が詰まっているのにドンドン空気が送り込まれ、
口では機械が邪魔して息がしにくい。
こんな状態で眠れると思いますか?

この記事では、私が経験したCPAPのつらさと、
CPAPを外せそうになるまでの体験をお話ししたいと思います。

念願のCPAPを外す時まであと一歩!あることをすれば外せるのだ!

睡眠障害は死の危険もある恐ろしい病気。治したい方はこの本を読もう

現代人は睡眠で悩む方が非常に多いようです。
原因は様々ですが、最近では太っていることによる睡眠障害が注目されていいます。

メタボな方は、豪快ないびきをかくことが多く、
はたから見ていると気持ちよさそうに眠っているようです。

しかし、当の本人にとってはほとんど眠れていないなんてことも多々あるんです!

睡眠障害は死の危険もある恐ろしい病気。治したい方はこの本を読もう

CPAPは眠れないという方朗報!マウスピースを試してみては?

無呼吸症候群の治療の場合、CPAPと呼ばれる、
強制的に鼻から空気を送り込む装置を使用します。

僕も使用しているのですが、これがまた、寝心地が最悪なんですね。
CPAP治療を行っている方は、ほとんどがCPAPを付けずにぐっすり眠りたい
と思っているのではないでしょうか?

CPAP以外の治療として最近広まりつつあるのが、
マウスピースによる治療です。

この記事では、マウスピースの治療を行うにはどうすれば良いのかについて詳しく書いていきたいと思います。

CPAPは眠れないという方朗報!マウスピースを試してみては?

とにかくCPAPは暑い!そんな方に快適で涼しく寝る秘訣を伝授!

CPAPを付けたことがある方ならお分かりかと思うのですが、
とにかく暑いですよね。
僕の場合は、付け始めが去年の12月で、
冬だったこともあり、暑さはあまり意識はしていませんでしたが、
今5月になってCPAPを付けて寝るととても暑いことが分かりました。

CPAPを付けているだけでも寝苦しいのに、
これに暑さが加わるととてもじゃありませんが、寝てられません。。。

今年(2015年)の5月は例年以上の暑さということもあるのですが、
これから真夏を迎えると思うとげんなりしてきます。

CPAPを付けていても涼しく寝る方法はあるのか、
考えてみました。

とにかくCPAPは暑い!そんな方に快適で涼しく寝る秘訣を伝授!