健康診断で尿酸値が高かった!これで長生きできるのでしょうか?

スポンサーリンク

健康診断で尿酸値が7mg/dL以上だと、「尿酸値が高い」と判断されます。
この尿酸値が高い状態を、高尿酸血症といいます。

尿酸値が高いと初めて判断された方のほとんどは
自覚症状が無いと思います。
自覚症状が無いだけに、この高尿酸血症とは、
いったいどんな病気なのか気になる方も多いかと思います。

将来的に重大な病気にならないのか?
高尿酸血症でも長生きできるのか?
気になる疑問にお答えしたいと思います。

健康診断で尿酸値が高かった!これで長生きできるのでしょうか?

メタボは尿酸値が高い!心筋梗塞など重大疾患につながる可能性も!

近年の日本人は、食生活の変化に伴い痛風を患う人が増えています。
痛風は尿酸値が高い方に多く見られますが、その原因は肥満によるところが大きいのです。
痛風もつらい病気ですが放置していると将来的には、心筋梗塞などの大変な病気の要因となってしまいます。
ここでは、肥満の方はなぜ尿酸値が高いのかについて書いていきたいと思います。

メタボは尿酸値が高い!心筋梗塞など重大疾患につながる可能性も!