飲み会でダイエット可能!オーダーの順番で変わる摂取カロリー

スポンサーリンク

男性のダイエット中の最大の敵と言えば、「飲み会への誘い」ではないでしょうか?

「ちょっと一杯どう?」ってクイッとやられると、
「いいねー」なんて言って飲みに行ってしまいますよね。

ここで、「いや、今はダイエット中だから」って断れる強い意志のある人は、
とっくの昔にダイエットに成功しています(笑)

どうしても断れない飲み会。
でも、飲み会のオーダーを工夫するだけで摂取カロリーを大幅に減らせるんです。

飲み会でダイエット可能!オーダーの順番で変わる摂取カロリー

酒はやめたくない!でも体は心配。そんな方のオススメ商品とは?

お酒をこよなく愛している人は、「中性脂肪」の値が気になる場合も多いのではないでしょうか?

中性脂肪の値自体は、高くても自覚症状はありませんが、
確実にあなたの体にダメージを与えていきます。

手遅れになる前に何とか手を打っておきたいものですね。
でも、「手を打つってどうやって?」って思う方も多いのではないでしょうか。

中性脂肪を減らすには、基本的にお酒を止めるか、
継続的な運動が必要となってきます。

しかし!
分かってはいても、なかなかお酒を止めるなんてできないですし、
仕事が忙しくて毎日運動するなんてことも難しいですよね。

そこで、”お酒もやめず”、”運動もせず”に中性脂肪を下げる方法をまとめてみました。

中性脂肪は気になるけど、酒はやめたくないって人は注目して読んでみてくださいね。

酒はやめたくない!でも体は心配。そんな方のオススメ商品とは?

ビールを医者から止められた僕が断言!ビールで太るは本当です。

 

お酒の飲みすぎは、中性脂肪を増加させ、さらには危険な内臓脂肪も増加させます。
お酒に含まれるカロリーも問題なんですが、アルコール分が、中性脂肪の増加に大きく影響しています。

だったら、アルコールの低いビールなら影響は少ないのでは?
って考えますよね。

はたしてそうなのでしょうか?

ビールと肥満の関係について詳しく調べてみました。

ビールを医者から止められた僕が断言!ビールで太るは本当です。


中性脂肪が高い人必見!おつまみを工夫して中性脂肪を下げよう♪

メタボ体型の人は、中性脂肪が高い傾向にありますが、
やせているからと言って安心はできません。

特に、アルコールを多く飲む人は中性脂肪が高めの傾向があります。
従って、肥満体型でお酒も良く飲む人は、中性脂肪に対して、より注意を払う必要があるんです。

とはいっても、お酒をやめるってなかなかできるもんではないですよね。
僕もめちゃめちゃ酒が好きなので、その気持ちはわかるんです^^;

なんとかお酒をやめずに中性脂肪を下げる方法は無いものかと、
色々調べてみたら、見つかりました!

中性脂肪が高い人必見!おつまみを工夫して中性脂肪を下げよう♪

お酒は無呼吸症候群を悪化させる!メタボで多量の飲酒は要注意!

無呼吸症候群は、肥満体型の人に多い病気です。
何故かと言いますと、喉や舌にも脂肪が付き、呼吸するための気道を細くしてしまうからです。
でも、無呼吸症候群を更に悪化させてしまう習慣として、「飲酒」があります。

お酒を飲むといびきをかく人も多いですが、
あれは、飲酒の影響で気道が細くなって呼吸がしにくくなっているために起こるのです。

この記事では、お酒と無呼吸の関係について詳しく書いていきたいと思います。

お酒は無呼吸症候群を悪化させる!メタボで多量の飲酒は要注意!