腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

糖質を欲するのは人間の本能。ストレスの少ない糖質制限食をご提案

甘いもの

スポンサーリンク

甘いものが好きな方は非常に多いかと思いますが、
この糖質を欲するというのは、人類の長い歴史の中で培われた本能なのです。

したがって、糖質制限食でダイエットすることは可能なのですが、
本能に逆らう事になるので、ある程度しっかりした意志といいますか、
決意みたいなものが必要となってきます。

なぜ人間は糖質を欲するようになったのかを見ていき、
糖質ダイエットのヒントを得たいと思います。

昔の人類にとって糖質は、飢餓を乗り越える貴重な食べ物だった

貴重な糖質農業が発展する前、人類は狩猟によって肉や魚を得ていました。

しかし、狩猟は、日によっては、獲れる日と獲れない日がはっきりしており、
常に飢餓の危機に直面していました。

糖質は、非常に手軽にカロリーを得やすい物質ですが、
肉や魚からはほとんど得られません。

当時の人類は、たまたまとれたフルーツなどから糖分を得ていました。

当時の人類は、糖質を摂取しそれを脂肪に変えることで、
飢餓を乗り越えるエネルギーを得ていました。

今ではすっかり悪者扱いされているインスリンですが、
当時は、糖質を皮下脂肪に変えるとても重要なホルモンだったのです。

このように、当時の人間は、いつやって来るか分からない飢餓に備えて、
糖質から脂肪を蓄えていたのです。

つまりは、人間が糖質を欲するというのは、飢餓を乗り越えるための本能だったのです。

しかし、この本能は飽食の今となっては完全にアダとなっています。

これだけ周りに糖質を含む食物があるにも関わらず、
糖質を欲する本能は、全く変わっていません。

過剰な糖質によって、インスリンが大量分泌し、
昔の人類と同じように皮下脂肪として蓄えられます。

昔と違うのは、当時はめったに食べられない糖質が、
今ではいつでも好きな時に食べられてしまう点です。

こんな状態であれば、糖質の摂取過剰になってしまうのも無理はありませんね

ストレスの少ない糖質制限方法をご提案します

エリスリトール糖質制限食によってダイエットや健康な体を手に入れることができるのですが、
難易度という点で見ると、男性より女性の方が難しいようです。

その理由は、糖質を欲するという本能は、男性より、女性の方が強いと言われているからです。

女性は、皮下脂肪を多く貯め込むことで、妊娠中も少ない食事で生き延びることができます。

これも、人類が今まで生き延びてきた大きな利点ですね。

でも、これも飽食の今となっては、デメリットの方が大きくなっています。

「甘いものが無い生活は考えられない」と言う女性が多いのもうなずけます。

このように、糖質を控えるというのは本能に逆らう事で、
実は非常に大変な事なのです。

いきなり3食全てを糖質制限食にする自信が無い方は、
まずは1食限定にしてみたり、
エリスリトールの甘味料を選んでみたりと、
なるべく少ないストレスで続けられる方法を選んでみてはいかがでしょうか。

エリスリトールは、血糖値を上げない甘味料としておすすめですよ^^

 

コメントを残す




CAPTCHA