腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

ダイエットを男性と女性で比較すると、男性の方がやせやすい!

スポンサーリンク

一昔前までは、ダイエットと言えば女性がやるもの、というイメージがありましたが、
最近では、男性もダイエットをするようになってきました。

ただ、ダイエットをするきっかけは男女で違っており、
女性は「キレイになりたい」「好きな洋服を着たい」なのに対して、
男性は「健康に不安があるから」「仕事上不都合があるから」
という理由となっています。

また、男女の体つきの違いなどから、
ダイエットの効果も違いが出てきます。

女性で上手くいったダイエット法でも、男性の場合上手くいかないこともありますので、
その点を詳しく見ていきたいと思います。

女性は皮下脂肪が付きやすく、男性は内臓脂肪が付きやすい

男女の脂肪の付き方同じ肥満でも、男性と女性では脂肪のつき方が異なります。

女性は、皮膚の下に脂肪がたまる「皮下脂肪」が付きやすく、
男性は、内臓の周りに脂肪がたまる「内臓脂肪」が付きやすいのです。

これは体つきの特徴にも現れます。

女性の場合は、全体的に脂肪が付くような、コロッとした肥満の方が多いのに対して、
男性は、お腹が特にポッコリ出たメタボリックシンドローム的な肥満が多いです。

同じ肥満でも、男性の内臓脂肪型の肥満のほうが、圧倒的に健康への影響が大きいです。

ダイエット人口は圧倒的に女性の方が多いですが、健康への切迫度からすると、
男性ももっとダイエットを意識した方が良いのではと思います。

ダイエットのしやすさを比較すると、女性より男性の方がやせやすい

筋トレ男性は、女性と比べて内臓脂肪が付きやすく、健康への悪影響が心配されますが、
実は比較的落としやすい脂肪なのです。

女性の皮下脂肪はなかなか燃えてくれないのに対して、男性の内臓脂肪は比較的よく燃えてくれます。

同じ運動量でも、男性の方が圧倒的にやせやすいのです。

さらに、男性は、女性と比べて筋肉の量が多く、基礎代謝量が多いのです。

基礎代謝量とは、何もせずじっとしていても消費するエネルギーのことです。

つまり、運動していなくても、消費エネルギーは男性の方が大きいのです。

このように、男性は、じっとしていても、運動していても
女性よりエネルギーを消費しやすいため、
ダイエットの成功率は男性の方が高くなります。

ダイエット法に関しても、男性の場合は、筋トレは有効なダイエット法の一つとなっています。
これは、すでに説明した通り、筋肉が付きやすいためです。

一方、女性は筋トレで筋肉が付きにくいため、思うように効果が出ないことが多いです。

ただし、メタボ体型の方が筋トレする際は、少しずつ負荷を上げていくことをおすすめします。

脂肪はたくさんついていますが、筋肉量は少ないため、
無理な運動は、腰や関節を痛める原因になってしまいます。

健康診断の結果が思わしくなく、ダイエットを始めようとする中年男性も多いかと思います。

男性の場合は、続けることによってしっかり結果が出ますので、
あきらめずに続けて頂ければと思います。

コメントを残す




CAPTCHA