腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

肥満は腰痛の大敵!なんと数百kgもの負荷がかかっているのです!

腰痛

スポンサーリンク

腰痛や膝の痛みがひどくなってしまうと、思うように体が動かせなくなり、
日常の行動範囲も限られてしまって、良いことなど一つもありませんよね。

腰痛やひざ痛は、腰やひざにかかる負担が大きくなることで発生するため、
肥満の人に多い病気となっています。

体重が重くなってしまうと、予想以上に大きな力が加わってしまうのです。

この記事では、肥満になるとどのくらいの負担が加わっているのか
について書きたいと思います。

腰やひざにかかる力は、数百kgにもなります!

腰痛自然に立っている状態でも、
腰には体重の60%分の力が加わっていると言われています。

それが、腰を前にかがめると負荷は体重の4倍にも跳ね上がります。

体重が80kgの人だと320kgにもなるのです。

さらに膝にはもっと大きな力が加わります。

動作にもよりますが、ひざには体重の3倍から7倍もの負荷がかかります。
体重が80kgの人ならば最大560kgになります!

体重が重ければ重いほど、当然かかる負荷は大きくなってしまいます。
肥満の人が、腰痛やひざ痛に悩まされやすい理由はここにあります。

通常、体の大きな人は、その分骨格や筋肉が発達していて、
ある程度の負荷にも腰やひざが耐えられるようになっています。

しかし、食べ過ぎや運動不足でメタボ体型の人は、
ただ単に脂肪が付いているだけなので、
負荷に耐えられません。
筋肉でガードされていないため、もろに負荷が直撃します。

さらにお腹がポッコリしていると、バランスを取ろうとして
背中が反るような姿勢になります。これも腰痛になる原因です。
妊婦さんに腰痛が多いのと同じ理屈です。

さらに言いますと、肥満で脂肪がたくさんついていると、
脂肪が神経を圧迫するために腰痛やひざ痛を悪化させやすいのです。

腰痛やひざ痛の特効薬は、やっぱりダイエットしかありません

腰痛を治療

腰痛やひざ痛で整形外科に行くと、ほとんどの場合はダイエットを勧められます。
体重が腰やひざに与える負荷を考えると当然ですよね?

ダイエットしないと以下のように負のスパイラルに陥ってしまいます。

食べ過ぎや運動不足で肥満になる。
     
腰痛やひざ痛になってしまう。
     
動けないため、さらに運動しなくなる。
     
体重がさらに増加する。
     
腰痛やひざ痛がさらに悪化する。

このように、ドンドン悪い方向に進んでしまいます。

ただ、整形外科のお医者さんは、ダイエットの専門家ではありませんので、
適切なダイエット方法を教えてもらうのは難しいと思います。

その時は、このブログを見てダイエットして頂ければ嬉しいですね^^

 

コメントを残す




CAPTCHA