腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

メタボで高血糖の人は危ない!心筋梗塞のリスクが急上昇!

スポンサーリンク

厚生労働省が日本人の4大死因に、
がん、心疾患、脳卒中、肺炎をあげており、
ここでは、第2位に位置している、
心疾患について詳しく書いていきたいと思います。

心疾患は色々ありますが、死亡につながる心疾患は、
ほとんどが心筋梗塞です。
心筋梗塞は、心臓付近の太い血管が詰まる病気で、
メタボ体型の人ほど発症率が高いという研究結果があります。

肥満者に多い高コレステロールが血管を傷つけ、もろくする。

心筋梗塞心筋梗塞は、主に動脈硬化によって引き起こされます。

動脈硬化になる主な原因は、糖尿病、高血圧、喫煙があげられます。

喫煙以外の糖尿病や高血圧はメタボ体型の人に多い症状となっています。

メタボでタバコを吸っている場合は、それだけで動脈硬化のリスクが高くなってしまいます。

なぜ肥満者に動脈硬化が多いのかといいますと、血液に含まれている糖質が悪さをするのです。

糖質が血管の酸化反応を促し、血管壁を傷つけてしまうのです。

傷つけられた血管壁を修復するために、そこにコレステロールが付着し、
動脈硬化となるのです。

コレステロールの中でも、超悪玉コレステロールが非常に危険です

絶望コレステロールというと、悪者というイメージが定着していますが、実は、あなたの体にとっても必要不可欠な物質なのです。

コレステロールは、細胞壁やホルモンの原料となっていますので、少なすぎても体に悪影響を及ぼしてしまいます。

コレステロールには、善玉と悪玉があります。

「悪玉」という名前で勘違いしてしまいますが、人体にとっては必要なものです。
ただし、多すぎるとその名の通り、悪玉になってしまいます。

最近の研究で分かってきたのが、悪玉コレステロールの中でも、
超悪玉コレステロールが動脈硬化などのリスクを急激に高めていることが分かってきました。

心筋梗塞で倒れた人超悪玉コレステロールとは、非常に小さく、高密度な悪玉コレステロールのことです。

非常に粒子が小さいので、血管壁に入り込みやすく、さらに肝臓で吸収されることもないので、長時間血液内を浮遊し続けます。

このため、血管壁に吸収される割合が非常に高く、動脈硬化を高速に進行させてしまいます。

なぜ、粒子が小さくなるのかは現代の医学では判明していませんが、
肥満の方で、中性脂肪が多く、善玉(HDL)コレステロールが少ない人は、
超悪玉コレステロールが多くなっている可能性が高いです。

最後にまとめますと、
メタボ体型で血液内に糖質が多い人は、心筋梗塞のリスクが高くなります。
心筋梗塞の主な原因は動脈硬化ですが、超悪玉コレステロールが多い人は動脈硬化の危険が非常に高くなります。

 

コメントを残す




CAPTCHA