腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

無呼吸症候群の治療を実際に体験した感想をありのままに話します!

無呼吸症候群の治療

スポンサーリンク

無呼吸症候群は、就寝中に呼吸が止まってしまう病気で、
心筋梗塞、脳卒中など危険な病気の原因ともなってしまいますし、
突然死の可能性も高まる非常に危険な病気です。
肥満の方に多い病気で、患者の90%は男性です。

重症の無呼吸症候群の患者は、8年後に約40%の確率で死亡するという統計値もあります。
私は、この重症の患者で、1時間当たり30回~40回も呼吸が止まっています。

でも、CPAP(シーパップ)と呼ばれる呼吸補助器を付けてから、
症状が劇的に改善しました。

CPAPでの治療の様子や自分自身の感想をご紹介し、
同じ病気で悩んでいる方の参考になればと思います。

朝の目覚めもスッキリ!CPAPで睡眠の質が劇的に改善します。

CPAPの効果CPAPは、鼻から強制的に空気を送り込み、呼吸のための気道を確保する装置です。

普通の人は、寝ている間も問題なく呼吸できていますが、
太っていると舌や喉に脂肪が付き、気道を狭くしてしまい、無呼吸が発生しやすくなります。

CPAPを付けることで、1時間当たり30~40回あった無呼吸も5回程度と普通の人と変わらない程度まで減少しました。
(普通の人でも1時間に5回程度は無呼吸が起こっているそうです)

これによって、朝の目覚めが改善しました。今までは、朝が来てもなかなか布団から出られずに、二度寝したことも数知れず。。。自分は怠け者なのかと思いましたが、
CPAPを付けてから朝はビックリするほどスッキリ起きられるようになりました。

もちろん日中の眠気も無くなくなり、集中力も向上しました。
気持ちのモヤモヤ感があり「うつ」の症状もあったのですが、
これも徐々に改善してきています。

このように、CPAPを付けると劇的に改善するので、
無呼吸で悩んでいる方にはおすすめしたい治療法です。

CPAPによる治療にデメリットはあるのか?

CPAPは無呼吸症候群の治療に非常に効果的ですが、やはりデメリットもあります。

最大のデメリットは、付け心地が悪い事です。

上の動画にもありますとおり、
睡眠中にガスマスクのような装置を顔に付けるわけですから、
普通の人はかなり違和感があると思います。

私の場合も、違和感から何度も目が覚めてしまいます。
当然、寝た気がしない訳ですが、でも朝の目覚めはスッキリしているという何とも矛盾した感覚でした。

今現在、装着してから2か月たちましたが、未だに慣れていません^^;
でも、最初の頃と比べるとかなり慣れてきたとは思います。
それでも、一晩で3~4回くらいは目が覚めてしまいますね。

あと、CPAPは軽いものをおすすめします。
寝ている時にマスクが付いていると意外と重さを感じます。
私はもともと肩こりがあったのですが、CPAPを付けてから肩こりの症状が悪化しました。

このように、CPAPは付け心地の悪さというデメリットはありますが、
効果はしっかりしています。

ただし、あくまでもCPAPは対症療法なので、無呼吸症候群を根本的に治すには、ダイエットするしか方法は無いようです。

 

 

コメントを残す




CAPTCHA