腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

普通の腹筋で腹は凹まない!でも、ちょっとした工夫で腹やせが可能!

腹筋運動

スポンサーリンク

 

ダイエットをしたいと思っている男性にアンケートを行ったところ、
一番やせたい部分は、「お腹」が最も多くなっています。

女性は、お腹、二の腕、太もも、、、と色々あるのと対照的に、
男性はピンポイントです。
(※ダイエットに関するアンケートの詳細はコチラ)

生活習慣病を引き起こす内臓脂肪型の肥満が、男性に多いのも理由のひとつかと思います。

そこで手っ取り早くお腹をひっこめる方法として、腹筋運動が思い浮かびますが、
実は、腹筋運動を普通にやるだけでは、
お腹をひっこめる効果がほとんど無いことが分かりました。

でも、ちょっとした工夫で、きちんとお腹に負荷を与えることができますのでその方法をご紹介します。

ショック!腹筋運動をただやるだけでは腹はへこまない!

腹筋運動腹をへこませたいアラフォー男性が増えていますが、 最も効果がありそうな腹筋運動が実はあまり効果が無いって知っていましたか?

その理由として、「反動をつけて起き上がる」ことにあります。

実際にやってみると分かるかと思いますが、腹に力が入るのは、起き上がる瞬間だけです。

後半はおなかにほとんど力が入らずに、腰や太ももに力が入っていることが分かりますよね。
さらに、起き上がった体を寝かす運動においても、お腹には力が入りません。

こんな事では、頑張って腹筋をこなしても、腹をへこます効果はほとんどありません。

負荷をあげようと、スピードを上げても腹にはほとんど影響がないばかりか、
腰を痛めてしまいます。

メタボ体型の方はもともと腰の筋肉も少ないですから、腰を痛めやすいのです。

腹やせに効果的な腹筋運動とは?

正しい腹筋運動ただ腹筋運動をやっているだけでは、腹をへこます効果はほとんど無いと書きましたが、
普通の腹筋運動がNGであって、やり方を工夫すれば腹筋運動でも腹を凹ますことは可能です。

ちょっとした工夫を腹筋運動に取り入れることで、腹に負荷を与え、効果的な腹やせを実現できるのです。

その方法とは、少しずつ止めながら腹筋運動をすることです。

一気に体を持ち上げるのではなく、30度くらい起き上がったところで上半身の動きを止めます。
目安として10秒くらいがいいでしょう。

その後さらに起き上がり60度くらいで再び上半身を止めます。
10秒止めたら、さらに起き上がり、80度くらいで再び上半身を停止します。

このように、30度→60度→80度→90度と少しずつ起き上がる事で、
腹にしっかりと力が入っています。

起き上がるにつれて、腹の上から下へ力が入る部分が移動していくのも感じ取れると思います。

体を停止する時間の目安が10秒ですが、きついようでしたら短くても構いませんし、
慣れてきたらさらに20秒くらい止めても問題ありません。

この方法であれば、通常の腹筋を頑張ってやるより、段違いで効果が感じられますよ^^

しかし、この方法にも欠点があります。
腹筋を鍛えることはできるのですが、腹筋を割ることはできないんです!

腹筋を鍛える=腹筋が割れる
ではないんです。
同じだと思っていませんでしたか?

腹筋を割りたいと思っている方は、腹筋運動だけではいけないんです。

ではどうしたら腹筋を割る事ができるのかについては、
以下のページでその極意を紹介したいと思います。

 腹筋運動で腹は割れない。腹筋を割るための極意とは?

 

コメントを残す




CAPTCHA