腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

脳疾患で年間3万人も突然死に!突然死する人の共通点とは?

脳の病気

スポンサーリンク

健康な人が症状を発症して、24時間以内に死亡してしまう状態を「突然死」と呼んでいますが、
1時間以内に死亡する場合を特に「瞬間死」といわれています。

日本では年間10万人が突然死で命を落としています。
そのうち5割が心臓、3割が脳の疾患によるものです。
この記事では、脳の疾患による突然死について、
原因や予防策などをご紹介したいと思います。
(心臓疾患による突然死はコチラ)

脳疾患で引き起こされる突然死の原因

脳は、各種臓器の活動、体温維持、記憶、言語をとりまとめる非常に重要な役割を担っています。
脳に大きなダメージを受けてしまうと、人間はほぼ生きていくことはできませんし、
仮に命が助かっても重大な後遺症が残ってしまいます。

脳梗塞

脳による突然死が起こる原因として、
脳の血管が詰まる「脳梗塞」、脳の血管から出血する「脳出血」に大別されます。
いずれも、動脈硬化が主要な原因となっています。
動脈硬化は、カロリーの摂りすぎ、運動不足など生活習慣に大きく関わっています。

特に、メタボな体型の人に動脈硬化が多く見られています。
メタボな体型になってしまうと、高血圧や高脂血症、中性脂肪の増加など、
様々な悪影響が出てしまい、これが動脈硬化につながってしまいます。

「脳梗塞」「脳出血」ともに、何の前触れもなく、突然発症することが多いです。
前兆現象に、軽い言語障害、手足のしびれなどが見られる場合もありますが、
それは全体のわずか5%ほどであり、残りの95%は、突然襲ってきます。

それだけに、突然死の予防は、普段の生活をどのように送るかが重要となってきます。

脳疾患の突然死を予防するには?メタボ体型の改善は必須です。

突然死を引き起こす人の共通点は、以下のとおりとなっています。

  • 内臓脂肪型肥満
  • 動脈硬化
  • 高血圧

メタボリック症候群これらの症状がある人は、いずれもメタボリック症候群という共通点があります。

メタボ体型な人は、内蔵に脂肪が蓄積し、高血圧であり、それが原因で動脈硬化を引き起こしてしまいます。

脳疾患の突然死に前兆現象がほとんどないことを考えますと、予防策としては、メタボ体型の解消は必須となっています。

でも、普段の生活を見直し、生活習慣を改善しメタボ体型を脱出できれば、
突然死のリスクを大幅に減らすことが可能です。

高カロリーな食べ物は控えて、適度な運動を取り入れて健康な体を取り戻しませんか。
特にご家族がいらっしゃる方は、残された家族を悲しませることの無いよう、
自分の健康に注意をしてみても良いのではないでしょうか。

コメントを残す




CAPTCHA