腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

メタボは尿酸値が高い!心筋梗塞など重大疾患につながる可能性も!

痛風

スポンサーリンク

近年の日本人は、食生活の変化に伴い痛風を患う人が増えています。
痛風は尿酸値が高い方に多く見られますが、その原因は肥満によるところが大きいのです。
痛風もつらい病気ですが放置していると将来的には、心筋梗塞などの大変な病気の要因となってしまいます。
ここでは、肥満の方はなぜ尿酸値が高いのかについて書いていきたいと思います。

太っているとなぜ尿酸値が高くなってしまうのか?

太っている男性健康診断でも良く見られる尿酸値ですが、これは血液中の尿酸の濃度を示したものです。

尿酸というとあまりいいイメージはありませんが、「抗酸化作用」とよばれる体の老化を防止する働きを持っています。

しかし、この尿酸値が7.0mg/dLを超えると「高尿酸血症」と診断されます。いわゆる尿酸値が高い状態です。

健康体であれば、使いきれずに余った尿酸は排出されますが、生成量が多すぎたり、排出量が少なくなると血中の尿酸が増えてしまいます。

それではどのような人が尿酸を増やしてしまうのかというと、
運動不足や食べ過ぎ・飲みすぎの人に多く見られます。
特に内臓脂肪型の肥満は中性脂肪が多く、この中性脂肪が尿酸の生成を促進してしまいます。
要するに、カロリー摂取量が多すぎて体内に中性脂肪がたまりすぎると、
それだけ尿酸値も生成されやすくなってしまいます。

メタボと尿酸値の関係は非常に強く、
尿酸値が高い人は高確率でメタボリック症候群を発症しています。

メタボと尿酸の関係

上の図は、アメリカでの調査結果となっています。
横軸が尿酸値の値を示しており、縦軸がメタボリック症候群の発症割合を示しています。
棒グラフの色で、各年代を示しています。
緑色のグラフが40歳~59歳を示していますが、尿酸値が10以上の方は80%以上の確率でメタボを発症しています。
尿酸値が高いからメタボになるというよりも、メタボだから尿酸値が高くなってしまうという判断が正しいように思います。
というのも、中性脂肪が尿酸の生成を加速させますので、太っていることで中性脂肪が多くなり、尿酸値が高くなってしまうのです。
尿酸値が高い状態を放置していると、最終的には糖尿病や高脂血症を発症し、心筋梗塞になってしまう可能性もあります。

尿酸値が高くなってしまったらどうやって下げればいいの?

治療法は大きく2通りあり、「薬物療法」「生活改善」があります。
どの方法を採用するかは、医師と相談して決めるのが望ましいと思います。
比較的軽い症状であれば、まずは「生活改善」の方法がとられるようです。

ビールで痛風生活改善は、やはり肥満状態の改善が求められます。

食べ過ぎを抑制したり、適度な運動が必要となります。

また、中性脂肪が尿酸値を高める原因となってしまいますので、飲みすぎの方はお酒の量もコントロールしなくてはいけません。

よくビールのプリン体で痛風になると言われていますが、ビールに限らずアルコール全般が痛風の危険性があります。

健康診断で尿酸値が高い方は、注意が必要です。
尿酸値が高いだけでまだ自覚症状が無い場合は、逆にチャンスかもしれません。
早めに対処しておくことで痛風や重大な疾患のリスクを回避することができるのではないでしょうか。

 

コメントを残す




CAPTCHA