腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

「貫禄がある」は時代遅れ!?今では、メタボは自己管理の欠如

メタボな社員

スポンサーリンク

チョット厳しい言い方になりますが、
メタボな人は、自己管理ができていない」とよく言われます。

メタボな人でも優秀な人がいるのも事実ですが、
やっぱり人間って見た目で判断してしまう部分があるんですよね。。

発展途上国などは、いまだに肥満が富の象徴のように見られています。
10年前にインドへ旅行に行ったときは、確かにお金持ちそうな人は大抵太っていましたね。
一家そろって巨体を揺らしながらレストランに入ってくる姿は結構異様でした(汗)

しかし、先進国の場合は肥満に対する見方が異なってきます。
太っていると自己管理ができていないという考え方は、
アメリカから入ってきたものです。

アメリカでは太っていると出世できない!

肥満のアメリカ人アメリカは、日本と比べて肥満率が非常に高く大きな社会問題となっています。

日本ではありえないぐらい巨体な人も多いですよね。

アメリカは肥満に対する見方が非常に厳しく、太っていると自己管理ができていないとみられるようです。

喫煙者やメタボな人は、出世に制限がかかる事が多いです。

あの自由の国アメリカでですよ!

 自分の体も管理できない人が、仕事の管理ができるのか!と見られる

でも言われてみれば、アメリカの大統領、ビジネスでの成功者(google,Facebookの創始者など)を見ていると、太っている人はほとんどいないですよね。

アメリカの肥満率からすると明らかに少ないです。

ファストフードなどの影響で低所得者に肥満が多いことも、イメージの悪化に拍車をかけているようです。

日本でも肥満に対する見方が厳しくなっている。

メタボ検診日本では2008年よりメタボ検診が義務付けらるようになりました。

受けなくても、個人にペナルティが課せられることはありません(健康保険組合にペナルティが課せられます)が、国もメタボ対策に本腰を入れてきたようです。

また、一部の企業ではありますが、

 減量して標準体重に戻さないと、部長昇進が無くなる
 半年以内に減量しなければ、退職を命ずる

といった企業も出てきているようです。

結局、社員が健康でないと企業としての存続も脅かされると考える経営者が増えてきているのです。

一生懸命仕事一般社員へのアンケートでも、太っていると仕事に影響があると思っている人が、
92%と大多数になっています。

また、肥満と業務能力に関係があると考えている人も90%以上となっています。
一方、体重と業務能力は関係が無いと思っている人は、わずか10%にも満たないのです。

このように、メタボ体型は健康だけではなく、社会的な印象も良くありません。

人を見た目で判断してはいけませんが、どうしてもメタボ体型な人が仕事をバリバリこなしていくイメージはわきませんよね。

実際、人は見た目で判断してしまうため、
メタボ体型というだけで、仕事上で大きなハンデを背負っています。

メタボ体型が仕事にどう影響があるのか具体的に調査してみました。

 「男は中身」のウソ!メタボ体型なだけで仕事上で大きな損をしている。

 

コメントを残す




CAPTCHA