腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

突然死を引き起こす動脈硬化の原因は、悪玉コレステロールにあった!

悪玉コレステロール

スポンサーリンク

突然死を引き起こしやすい人には共通点があり、
それは肥満体質であることは、過去の記事で触れてきました。
メタボ体型の方は、血液に脂肪分が多くふくまれ、また血圧も高めであることから、
動脈硬化になりやすく、これが心筋梗塞などの突然死を引き起こす要因となっています。
メタボ体型が動脈硬化を引き起こしやすいことは分かりましたが、
もう少し詳しく見ていくと、悪玉コレステロールが動脈硬化の症状を悪化させていることが判明しました。

動脈硬化を詳しく調べると、悪玉コレステロールが影響していた!

そもそも健康な人間の動脈は、ゴムの様に柔軟に伸び縮みし非常にやわらかいです。
心臓からポンプの様にドクドクと血液が送りこまれてきますので、
その圧力にも耐えられるように柔らかいつくりとなっています。

そんな動脈がなぜ硬くなってしまうのでしょうか?

動脈硬化動脈硬化は血圧が高いと起こりやすい症状ですが、
その症状を進行させるものとして、悪玉コレステロールが大きく関わっていることが分かりました。

悪玉コレステロールが多くなってしまうと、血液の壁に取り込まれてしまいそこで酸化します。

酸化された悪玉コレステロールが、血液壁内でプラークと呼ばれるコブを作ります。
このコブが血液の流れを悪くして、さらに動脈硬化を進行させます。
さらに、このコブが破けてしまうと当然そこから出血します。
そうなると血小板が血を固めてしまいそこに血栓ができてしまい、さらに血液の流れが悪くなります。

最悪の場合、血栓が血流を完全に止めてしまう場合もあります。
これが、心臓や脳で起こると命にかかわる症状となってしまいます。

動脈硬化を進行させる悪玉コレステロールを増やす要因は?

最近の研究から、中性脂肪が増加すると悪玉コレステロールが増えることが分かってきました。
コレステロール自体は体にとって必要なもので、
善玉コレステロール・悪玉コレステロールがバランスよく存在しています。
しかし、中性脂肪が増えすぎると、善玉コレステロールを減らし、
悪玉コレステロールを増やしてしまうのです。

中性脂肪の増加

悪玉コレステロールの増加

動脈硬化

心筋梗塞や脳梗塞

このように、中性脂肪の増加から恐ろしい病気へとつながっています。
中性脂肪はなぜ増えるのかといいますと、やはり食べ過ぎや運動不足によるところが大きいです。
特に、内臓脂肪型肥満の中性脂肪は特に多い傾向にあります。
「突然死を引き起こす原因が肥満にある」という理由が分かりましたでしょうか?

飲酒あともう一つ中性脂肪を増やす要因として、大量の飲酒があげられます。

アルコールは肝臓で無毒に分解されますが、その際に中性脂肪を作ってしまうのです。

大量のアルコールを摂取することで、中性脂肪もたくさん作られてしまい、
余った分は体内に蓄積されていきます。

手足はやせているのにお腹だけポッコリという方は、このパターンが意外と多いのです。

中性脂肪が増えてもほとんど自覚症状がないため軽視されがちですが、
その先には重大な疾患の可能性がありますので、きちんと早めに処置しておきたいですね。

 

コメントを残す




CAPTCHA