腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

有酸素運動のデメリットを知ることで、効果を2倍に引き上げる方法

有酸素運動

スポンサーリンク

当ブログでも、有酸素運動は内蔵脂肪を落とすことができるとしてご紹介していますが、
デメリットは無いのかというと、そのようなことはありません。
どんなに素晴らしいものでも、必ずデメリットは存在します。

でも、このデメリットをしっかり把握することで、
有酸素運動を効率的に行う事ができますし、
何より「結果が出ない」と途中で投げ出すことも少なくなるのではと思います。

有酸素運動のデメリットをメリットに転じよう!

ランニング

ここでは有酸素運動のデメリットをご紹介しますが、
「デメリットがある→使えないダイエット」 という事ではありません。

デメリットを頭の中で理解しながらやる事で、「結果が出ない」という不信感を取り払い継続することができます。

それでは、有酸素運動のデメリットとは何でしょうか?

それは、やせる部分を選べないということです。

有酸素運動は、全身運動ですから全身の脂肪がまんべんなく落ちていきます。
従って、腹だけへこませたいというのは、原則できないことになります。
部分やせダイエットができないのです。

また、ある程度継続する必要があります。

有酸素運動を始めてすぐに体重が落ちてくることが多いですが、
止めてしまうと体重は元通りになってしまいます。
体型を維持するには、長期的な視点で継続していく必要があります。

このデメリットを理解しておくことで、”腹がへこまないから効果が出ない”とか、
“チョット休んだら元に戻ってしまって、それ以来すっかりやめてしまった”
なんていう事が無くなるのかと思います。

このデメリットを知っているからこそ、簡単に止めることなく継続し、
効果を加速させることができるのです。

有酸素運動のメリットは?

腹やせ有酸素運動のメリットは、やはり効果を実感しやすいです。

デメリットでご紹介した通り、止めるとすぐに元通りになってしまいますが、
実行し続けると効果は表れやすいです。

特に男性は、筋肉が付きやすく脂肪を燃焼しやすいので効果を実感しやすいのです。

また、男性に多い内臓脂肪型の肥満に対しては、より効果が実感できます。

というのも内臓脂肪は比較的落としやすいので、
有酸素運動を継続することで、危険な内臓脂肪を落とすことが可能となります。

部分やせはできないと言いましたが、内臓脂肪に関しては比較的良く落ちていきます。
とはいっても、運動の消費エネルギーを「内臓脂肪だけ」に集中させることはできませんが。。。

有酸素運動は、脂肪燃焼以外にも、

  • 血行の促進
  • 心肺機能の向上
  • 活性酸素(体を老化させる物質)を減らす
  • ストレスの軽減

など、様々な効果があります。

有酸素運動の効果は、アメリカのケネス・クーパー博士によって1967年に提唱されました。
それから、約50年たちましたが、すたれることなく今に引き継がれています。
効果の有るものは、長く残っていくのです。

デメリットをしっかり把握し、有酸素運動の効果を正しく知ることで
長く継続し、健康な体を手に入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す




CAPTCHA