腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

意外と知られていない無呼吸の治療費。そんな治療費の詳細を公開!

スポンサーリンク

無呼吸症候群は、命にかかわる重大な疾患です。
アメリカでは年間4万人が無呼吸症候群で亡くなっています。
この記事を読まれているあなた、もしくはご家族がその疑いがある場合は、まずは医療機関を受診することをお勧めいたします。

それでは、無呼吸症候群の治療には、
いったいどれくらい費用がかかるのかについて書いていきます。

無呼吸症候群は、症状の重さなどによりいくつかの治療方法があります。
具体的にどんな治療法があるのか詳しく知りたい方は、治療方法の詳細をご覧ください。

無呼吸の各治療法における治療費を一挙大公開します!

無呼吸症候群の治療法は、症状の程度によりいくつかに分かれます。

★軽度・中程度の無呼吸
⇒鼻腔拡張テープ・マウスピース
★重度の無呼吸
⇒CPAP

無呼吸症候群の治療このように、軽度・中程度ではテープやマウスピースなど簡易的、
一方、重症患者はCPAPと呼ばれる強制的に鼻から空気を送り込む装置を使いますので、やや大がかりとなります。

従って、治療費も大きく異なってきます。

 

私が、実際に行っているのは重症のため、CPAPを用いた治療を行っていますので、
その治療費からご説明したいと思います。

CPAPによる治療費【3割負担】

  • 医療機関で各種検査:6,000円
  • 簡易検査:5,000円
  • 入院検査:25,000円×2回=50,000円(検査費用含む)
  • 定期的な受診:毎月5,000円~6,000円(CPAPレンタル費用含む)

⇒年間費用:133,000円

このように、CPAPの治療費は結構高いです。
(※各項目の詳細は、治療までの流れでご説明しています。)
入院費の負担が大きいのは、特殊機器を使用しての検査があるからだと思います。
また、定期的な受診も年間を通すと大きな負担となりますよね。
でも、放っておくわけにもいかないので、きちんと治していきたいです。
効果の方は、睡眠の質が大幅に改善していますので、費用対効果はあるのかなと思います。

一方、軽度や中程度の治療費はどのようなスタンスをとるかによりますが、
重症患者と比べて大幅に安くなります。

最初は医療機関の受診をおすすめしますが、
通販で売られている器具(鼻腔テープ・マウスピース)でとりあえず対応するのであれば
500円~3,000円程度で済ますことができます。

鼻腔テープの価格 マウスピースの価格

 

 

ただし、症状が軽いと思っても実際は重傷だったという事もありますので、
まずは、医療機関を受診することをおすすめすます。
あくまでも、お金に余裕がないとか、仕事が忙しくて入院検査の休みが取れない方の応急処置と考えて頂ければと思います。

こんな治療法もある!その時の治療費は?

無呼吸症候群の治療方法としては、上記が主要なものとなりますが、
その他にも以下の様な治療法があります。

  • 手術で気道を広げる:数万円~(手術内容による)
  • 歯並びの矯正:十数万円?(詳細不明)
  • エクササイズでダイエット:1万円程度~

手術
費用に関しては、ざっと調べたものなので、誤りがあるかもしれませんのでご注意ください。分かり次第訂正させていただきます。

このように、無呼吸症候群の治療法にって費用が大きく異なります。

主治医とご相談の上適切な治療法をお選び下さいね。

 

コメントを残す




CAPTCHA