腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

年間10万人が突然死に!効果的な予防策はあるのか?

スポンサーリンク

突然死が起こる人の共通点でお話ししました通り、
肥満は、突然死が起こる可能性を何倍にも引き上げてしまいます。
日本国内で1年間で何人の方が突然死で亡くなっていると思いますか?

なんと10万人以上の方が突然死で命を落としています。
2014年の交通事故での死者数が4000人ですから、いかに多い数字かが分かります。
突然死には様々な原因がありますが、心臓が原因で亡くなる方が6割程度を占めます。
つまり年間6万人、一日当たり170人程度の方が心臓に関する突然死を起こしています。
毎日どこかで、170人もの方がお亡くなりになっているのです。

それでは、突然死の主な原因である、心臓疾患によるものを詳しく書いていきたいと思います。

心臓が原因の突然死はなぜ起こるのか?

心臓心臓が原因での突然死は、そのほとんどが心室細動(しんしつさいどう)と呼ばれる不整脈によって引き起こされます。

心臓は拡張・縮小を繰り返し、血液を体全体に送り込んでいますが、
心室細動が起こると、心臓は細かく震えてしまい血液を送り込めなくなってしまいます。

これによって最も影響を受けるのが脳です。

 

脳への血液が途絶えると、ものの数秒で意識が無くなります。
さらにこの状態のまま適切な処置がされないと、数分で死亡してしまいます。

とても恐ろしい心室細動はなぜ起こるのでしょうか。
主な原因として、心臓の冠状動脈(冠動脈)が詰まってしまう心筋梗塞があります。
心臓につながっている最も太い血管は大動脈ですが、そこから分岐した一番最初の血管を冠状動脈といいます。
この冠状動脈が詰まってしまう事で心筋梗塞を引き起こし、心筋梗塞から突然死という流れが最も多くなっています。
この心筋梗塞が起こりやすい人というのが、動脈硬化にかかっている人であり、
動脈硬化になる人というのは、高血圧または血中の脂肪が多いメタボな人なのです。
突然死は何の前触れもなく起こりますが、その共通点はやはり脂肪過多の肥満にあるという事です。

突然死のリスクを少しでも減らすためには?

ダイエット突然死は誰にっでも起こり得ることですが、日頃の生活習慣を見直すことで、そのリスクを大きく減らすことができます。

一番リスクを減らすことができるのが、痩せることです。

特に内臓脂肪が多いメタボ体型の人は、痩せることでリスクを大きく減らすことができます。

内臓脂肪を減らすことで、動脈硬化になる可能性が減少し、それによって引き起こされる突然死のリスクも減らすことができるのです。

肥満以外には、禁煙や減塩も効果があるとされています。

また、入浴中の発症事例が最も多いので、
あらかじめ脱衣所や浴室を温めて温度変化を少なすることでも、発症の可能性を低くすることができます。

非常に恐ろしい突然死ですが、予防策はやはり肥満の解消という事になります。
一朝一夕でできることではありませんので、日頃から心がけていくことが必要となりますね。

コメントを残す




CAPTCHA