腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

肥満は危ない!? 突然死を起こしやすい人の共通点とは?

突然死した男性

スポンサーリンク

突然死とは何かと言いますと、きちんと定義があり、
「何の予兆も無く突然病気が発症し、24時間以内に死亡してしまう場合」をいいます。
突然死は誰にでも起こりえますが、統計を見てみると
突然死を起こしやすい人にはある共通点がありました。
その共通点とは、「肥満」です。
それでは、どんな人が突然死を起こしやすいのか、もっと細かく見ていき
肥満と突然死の関係についても書いていきたいと思います。

突然死はどんな状況で起こるのか?

突然死がどこの器官で起こるのかといいますと、
半数が心臓となっており、残りが脳、呼吸器系となっています。
いずれにしても血管のつまりが原因となっているようです。
一般に肥満の方は、コレステロール値が高く、血液がドロドロしていますので、
血管のつまりには注意したいところです。

健康診断でどの数値が悪いと突然死が起こりやすいのか?

健康診断

今までの突然死の統計を分析すると、
健康診断の結果から、将来起こるかもしれない突然死の危険性を
ある程度判断することができます。

以下に、健康診断で測定する項目と、突然死の起こりやすさを倍数で示します。

  1. 上の血圧:160mmHg以上 ⇒ 120mmHgの人より7.4倍突然死が起こりやすい。
  2. 下の血圧:100mmHg以上 ⇒ 80mmHgの人より5.2倍突然死が起こりやすい。
  3. コレステロール:250mg/dl以上 ⇒ 正常値の人より2倍突然死が起こりやすい。
  4. 肥満指数(BMI):26.5以上 ⇒ 標準体型の人より2.5倍突然死が起こりやすい。
  5. 尿酸値:8.0mg/dl以上 ⇒ 正常値の人より3.4倍突然死が起こりやすい。

上の項目を見てみて、ある事に気づきませんでしたか?

それは、全ての項目が肥満に関係があるということです。
直接肥満の数値が出ているのが、項目の4番目ですが、
残りの項目も全て肥満が関係しています。

メタボ体型は、高血圧・高コレステロール・高尿酸値と密接な関係があります。
この様に、肥満と突然死は切っても切れない関係にあるのです。

さらに怖いのが睡眠時無呼吸症候群を伴っている時

睡眠時無呼吸症候群最近の研究で、無呼吸症候群が突然死の危険性が非常に高いことが分かってきました。

無呼吸が高血圧を引き起こし、脳・心臓に大きな負担をかけていることもあり、
死亡率がとても高いです。

統計情報によると、1時間に30回以上も呼吸が止まる重症患者は、
8年後の死亡率が40%近くに達するそうです。

これってとても恐ろしいことですよね!
8年後の生存率がたったの6割しかないなんて。。。
私はこの事実を知って、本格的なダイエットを決意しました。

コメントを残す




CAPTCHA