腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

過度な食事制限は非常に危険!食事制限のメリット・デメリット

過度なダイエット

スポンサーリンク

食事制限によるダイエットは、非常に効果が出やすい反面、
やり方を間違えると体に悪影響が出てしまう諸刃の剣の側面があります。
過度な食事制限は、確かに痩せることができますが、
それに伴って失われるものも多くとても危険です。
また、一時的に大きく痩せてもリバウンドしてしまい、結局ムダに終わってしまったという事も良くある話です。
この記事では、食事制限によるダイエットのメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

過度な食事制限は禁物!デメリットをまとめてみた。

絶食・断食など過度な食事制限を行うと、最初のうちは体重が急激に落ちてきます。
体重が落ちてくると嬉しくなって、モチベーションも保てますが、次第に体重は落ちにくくなってしまいます。
「食事制限をしていても、次第に痩せなくなってくる」
これが食事制限の最大のデメリットです。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか?
人間には基礎代謝量というものがあり、何もしていなくてもある程度カロリーを消費します。
成人男性では、年齢にもよりますが大体1,500kcal程度消費します。
これは、ご飯6杯、食パンにすると9枚分に相当します。
意外と消費していますよね。

基礎代謝量の割合

上の図を見てみると、脳・筋肉で基礎代謝量が大きな割合となっています。
基礎代謝量を下回るような摂取カロリーになった場合、
余分な脂肪を燃やしてくれることはありません。
浪費家の脳や筋肉の活動を制限します。
空腹だと、頭がボーとしたり力が入らないのはこのような理由からです。
極端な低カロリーが長期間続くと、筋肉を分解してエネルギーとしてしまいます。
筋肉が落ちてしまう事で、さらに基礎代謝量が減り、より痩せにくい体質へと変化してしまうのです。
また、脳はこの低カロリーの状態を飢餓状態だと認識し、今まで以上に脂肪をため込むようになってしまいます。
このように極端な食事制限は、あなたの基礎代謝量を減らすことになり、痩せにくい体質へと変化させてしまいます。

適度な食事制限であれば問題なし。メリットをまとめてみた。

チョコレート上記のデメリットはあくまでも、過度な食事制限を行った場合です。

適度なカロリーコントロールであれば、非常におすすめなダイエット法になります。

運動よりもかなり早く効果を実感できるでしょう。

例えば、100kcalを運動で消費しようとすれば、30分程度歩かなくてはいけません。
しかし、食事で100kcalを節約するには、チョコレートポッキー6本または、ポテトチップス13枚、またはハイチュウ5粒などと、チョット我慢すればすぐに100kcalになります。
このようにチョットでもいいので少しずつカロリーを減らしていくことで、体に無理なく痩せることができます。
大幅な効果は見込めませんが、少しずつ体重を減らしていく場合は、
リバウンドの可能性も低くなりますし、基礎代謝の低下も起こりにくいので、
健康的に痩せられると思います。

 

 

コメントを残す




CAPTCHA