腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

血管が詰まってからでは遅い!動脈硬化はなぜ起こるのか?

スポンサーリンク

動脈硬化とは、文字通り動脈が硬くなってしまう病気です。
動脈硬化自体に自覚症状はありませんが、長期間放置していると
最終的には重大な病気の原因にもなりえます。
動脈硬化は、太っている人ほどかかりやすい
と言われていますが、それはなぜなのでしょうか?

突然死の危険性も!動脈硬化とはどんな病気なのでしょうか?

心筋梗塞動脈硬化とは、血管が固くなってしまい柔軟性が失われてしまう病気です。

血管の柔軟性が失われることで、詰まったり破れやすくなり重大な病気の引き金となってしまいます。

それでは、なぜ血管が硬くなってしまうのでしょうか?

一番の原因は、高血圧にあります。
血圧とは、血管の内側にかかる圧力です。高血圧の状態では、血管に強い力が常に加わっています。
ここで、かかとの皮膚を想像してみて下さい。かかとは、自分の体重を支えたり、
歩いたりする際に強い力が加わっています。
このような力に耐えうるために皮膚が硬くなっているのです。
柔らかくてフニャフニャの皮膚だったら、すぐに破けてしまいますよね。
高血圧の人の血管もちょうどかかとのような感じです。
強い血流で血管がかかとのように硬くなってしまうのです。
これが動脈硬化です。
通常、血管はゴムの様に柔らかく伸び縮みしますが、硬くなることで狭くなった血管が詰まったり、衝撃で簡単に破れやすくなってしまいます。
特に、毛細血管は動脈硬化の影響をもろに受けてしまいます。
心臓の毛細血管が詰まると、心筋梗塞、
脳内の毛細血管が詰まると、脳梗塞
と、生命に危険が及ぶような症状が発生してしまいます。

太っているとなぜ動脈硬化になりやすいのか?

内臓脂肪一般に肥満体型の人は、体の隅々にまで血液を行き渡らせるため、
心臓がより強い力で血液を送り出すため高血圧です。

この高血圧が前述のような動脈硬化を引き起こしやすくなります。

また、肥満には皮下脂肪に脂肪が蓄積する「皮下脂肪型肥満」と
内臓に脂肪が蓄積する「内臓脂肪型肥満」がありますが、
特に危険なのは、「内臓脂肪型」です。
内臓に脂肪が蓄積すると、中性脂肪やコレステロール値が高くなります。
血流に脂肪が多くなると、コレステロールがたまってこぶのようなものが血管内にできてしまいます。このこぶが剥がれて血管内を漂うと血管の内壁を傷つけます。
何度も何度も、ぶつかり衝撃が加えられると血管がもろくなり壊れやすくなります。

動脈硬化自体は、自覚症状が無く見過ごされがちですが、
血管が破れてしまうと突然死のように急激に症状が出てしまいます。
このように、メタボ体型の人は動脈硬化の危険性にも注意を払った方が良いのではと思います。

血圧やコレステロール、中性脂肪の値が気になる方は、
一度医療機関で見てもらってはいかがでしょうか。
現代医学では、CAVI(キャビィ)と呼ばれる装置で、
動脈の堅さを測定することもできます。
結果もすぐに分かり医者の指導も受けられるのでおすすめです。

 

コメントを残す




CAPTCHA