腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

念願のCPAPを外す時まであと一歩!あることをすれば外せるのだ!

ぐっすり眠る女性

重度の無呼吸症候群になってしまうと、
CPAPと呼ばれる呼吸の補助器を付けて眠ることになります。

これがまた非常に寝心地が悪いんですよね。
鼻から空気が送り込まれてくるわけですが、
その鼻の調子が悪い(鼻が詰まっている)時はさらに最悪になります。

鼻が詰まっているのにドンドン空気が送り込まれ、
口では機械が邪魔して息がしにくい。
こんな状態で眠れると思いますか?

この記事では、私が経験したCPAPのつらさと、
CPAPを外せそうになるまでの体験をお話ししたいと思います。

CPAPを付けた方なら誰もが寝苦しい思いをしたと思います。

CPAPを付けると暑苦しいCPAPのつらさは、季節によっても変わってきます。

冬のような寒い季節はまだいいのですが、
夏のように暑い季節はかなり寝苦しいです。

顔に機材がおおわれている状態ですから、
暑くて大変です。

ただでさえ暑くて寝苦しい熱帯夜、CPAPの機材を顔に付けていれば、
その暑さも倍増です!

エアコンを付けようにも、となりで寝ている奥さんはCPAP付けてませんからね。

「寒い」って言われて、再びエアコンを消してしまいます。
もう、汗びっしょりになりながら寝ていますよ。
つらいですね~(汗)

CPAPを付けなくても良くなる唯一の方法があった!

ただつらいだけのCPAPですが、付けて寝ないと無呼吸症候群が再発して、
こんどは自分が寝ているつもりでも脳は寝れていない状態になってしまいます。

でも、こうならずに外す唯一の方法があったんです。

それは、ダイエットです。

舌に脂肪が付きやすい太っている人を見る時って体の方に目が行きがちですけど、
実は気道や舌も脂肪がついて太ってしまうんです。

従ってダイエットすることで、気道が広くなり、気道をふさいでいた舌もやせることで、気道をふさぎにくくなります。

こう書くとあることに気付きませんか?

無呼吸症候群を治すのに何も体全体をダイエットする必要は無いのです。

諸悪の根源である「舌」さえ痩せてくれればそれでいいのです。
舌がやせてくれれば、気道をふさぐことも無くなりますから、
CPAPを付けて眠ることが必要無くなります。

でも果たしてそれが可能なのでしょうか?

可能なんです!
私もそれを試しまして、もう少しでCPAPを外せそうなんです♪

医者にも舌がやせてきていることを話しました。
実際に目視で確認してもらったところ、CPAPを外せそうな見込みがありそうなので、
来月CPAPを外した状態で入院検査をします。
その入院検査で合格したらみごとにCPAPを外すことができます!

私が舌だけをやせたその秘密の方法を知りたいですか?

その秘密はこれにあります。
        

これは、舌のエクササイズで徹底的に舌を動かして、
舌の脂肪を取り除く方法です。
ただ舌を動かすだけではいけないんです。
きちんとしたノウハウに基づく方法であれば、
効果的に舌の脂肪を取り除いてくれるのです!

あなたもCPAPを付けずに夜ぐっすり眠る生活を取り戻してみたくないですか?

コメントを残す




CAPTCHA