腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

CPAPを自己所有して、高い医療費を大幅に削減しよう!

高いCPAP

無呼吸症候群の治療には多額の治療費がかかります。
具体的にどれくらいかかるかは、無呼吸の治療費を参考にしてくださいね。

重症の無呼吸患者は、CPAPと呼ばれる呼吸補助器を使うわけですが、
これがまた高い!

月々に、5~6千円もかかるんですね。
年間にして6万~7万円です。10年間にするとなんと、60~70万円

こんなにも高いCPAPの治療費は、自己所有することで大幅に削減することができます。

CPAPを自己所有すると、遅くても1年で元が取れてしまいます!

CPAPを自己所有現在の日本では、CPAPを購入することはできません。
レンタルのみです。

無呼吸症呼応群は、根本的な治療法は無く、基本的には一生付き合っていく病気です。
(※やせることで治る事があります)

CPAPもあくまで呼吸を補助する機械であり、無呼吸を治すものではありません。

例えるなら目の悪い人にメガネをかけるようなものです。
メガネは、補助的なもので視力を回復させるものではないですよね?

CPAPにレンタル費を払い続けるという事は、
メガネに一生レンタル費を払い続けるようなものです。

日本の保険制度がおかしいのか、なんだか納得いかないですよね。

でも、一つだけ解決方法があるのです。

それは、個人輸入することです。CPAPの個人輸入は、厚生労働省でも認められています。

個人輸入では、500ドル程度(1ドル120円で6万円)、安いものだと200ドル程度(2万4千円)で
購入できます。マスクも購入しないといけませんが、それを含めてもかなり安上がりですね!

レンタルだと毎年6~7万円払い続けるのに対して、個人輸入だとせいぜい6万円です。
一度購入してしまえば、数年は使えます。

仮に5年使えたとしたら、29万円の利益です。
マスクなどの維持費がかかりますが、せいぜい1万円くらいです。

個人輸入にしてしまえは、無駄な治療費を払う必要は無くなります。

CPAPを購入するにはどうすれば良いの?

CPAP自己購入のメリット

実は、CPAPを購入するには、チョットした面倒な手続きがあるのも事実です。

個人輸入するわけですから、厚労省に書類を送ったり、
販売者に無呼吸の診断書もしくは処方箋を送ったりする必要があります。

こうして聞くと面倒に感じますが、きちんと手順が分かれば、
その通り淡々と進めていけばいいだけです。

でも、「そんな手順なんか知らない!」と思っている方、ご安心ください!

きちんとマニュアル化されたものがあります。

これさえ手に入れれば、面倒な手続きもその通りに実行するだけです。
CPAPを格安で個人輸入してしまえば、それ以降医療費は発生しません。

CPAPの治療費が無駄に高いと感じている方は、このマニュアルを手に、
医療費の削減をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す




CAPTCHA