腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

お酒は無呼吸症候群を悪化させる!メタボで多量の飲酒は要注意!

飲酒

スポンサーリンク

無呼吸症候群は、肥満体型の人に多い病気です。
何故かと言いますと、喉や舌にも脂肪が付き、呼吸するための気道を細くしてしまうからです。
でも、無呼吸症候群を更に悪化させてしまう習慣として、「飲酒」があります。

お酒を飲むといびきをかく人も多いですが、
あれは、飲酒の影響で気道が細くなって呼吸がしにくくなっているために起こるのです。

この記事では、お酒と無呼吸の関係について詳しく書いていきたいと思います。

アルコールを飲んで眠ると、舌が気道をふさぎやすくなってしまいます

飲酒と無呼吸症候群アルコールを飲むと筋肉の緊張を緩める効果があります。

起きている時は、適度に緊張がほぐれストレス解消になるのですが、
眠っている気はそれが悪い方向に出てしまいます。

お酒を飲んでいなくても、眠っている時は緊張がほぐれますが、
お酒を飲んでいることで、さらに緊張が緩みます。

そうなると何が起こるのかと言うと、舌が喉に落ち込んでしまい気道をふさいでしまうのです。

舌の落ち込みの程度は、人それぞれで
お酒を飲んでもあまり落ち込まない人もいれば、大きく落ち込んでしまう人もいます。

ただ、共通していえることは、お酒を飲むと、
程度の差はあれ舌が喉に落ち込むという事です。

そして、メタボ体型でもともと気道が細くなっている人は、チョットのお酒でも、
気道をふさいでしまう可能性があります。

お酒による無呼吸の影響をできるだけ緩和するには

いびきは無呼吸症候群の兆候お酒による無呼吸の見分け方として、
お酒を飲んだ時にいびきをかいているか」を見てみるといいですね。

ご主人のいびきが気になる方は、注意してみると良いかもしれませんね。

普段はいびきをかいていないのに、お酒を飲むと大きないびきをかいている場合は、
アルコールによって気道が細くなり、無呼吸を発症している可能性があります。

また、普段いびきをかいていてお酒を飲むとさらにいびきがひどくなっている場合は、
普段から無呼吸を発症していて、お酒によってさらに症状が悪化している可能性があります。

お酒で無呼吸が発生している場合は、やはりお酒を止めるのが一番です。
お酒を楽しみにしている人にとっては、つらい選択ですが。。。。

いきなり止めるのはちょっと、、、と言う方は、お酒の量を減らしてみてはいかがでしょうか?

無呼吸の症状は、お酒の量が増えれば増えるほど悪化していきます。
アルコール量を減らすことで、舌の落ち込みを少なくして
気道をふさいでしまうのを防ぐことができるかもしれません。

ちなみに無呼吸症候群によって、二日酔いも悪化してしまいます。
呼吸が止まり、脳に酸素が行かなくなってしまうので、
翌朝の頭痛がひどくなってしまいます。

アルコールによる睡眠への影響
舌の筋肉が緩み、気道をふさぎやすい。
症状を緩和させるには、お酒を止めるか減らすのが良い

コメントを残す




CAPTCHA