腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

肥満でこんな悪影響が!実際、どんな病気にかかりやすいのか?

心筋梗塞

スポンサーリンク

肥満の人は、様々な病気のリスクを抱えています。
肥満だからといって必ずしも病気になるわけではないので、
必要以上に恐れる必要はありませんが、
可能性としては高まるので注意しておく必要があります。

特に、内臓に脂肪がたまる内臓脂肪型の肥満の方は特に注意が必要です。
少しでもリスクを減らしたい方はダイエットすることをおすすめします。
ただし、過度なダイエットは逆に体に良くありませんので、ほどほどにお願いしますね。
この記事では、太っていることによってどんな病気のリスクがあるのかをお話ししていきたいと思います。

こんなに危険!重大な病気にかかる可能性が高まります!

ダイエットで健康に肥満の方は、体内に余分な脂肪がため込まれることにより様々な悪影響が出てきます。
また、近年では、睡眠時の無呼吸症候群を誘発し、さらに症状が悪化する場合がありますので、ご注意ください。

それでは、どんな病気にかかりやすくなってしまうのか
代表的なものを見ていきたいと思います。

 

  糖尿病
通常は体内の血統値は、インスリンと呼ばれる物質で調整されているが、
肥満によりインスリンを大量に発生させると、インスリンを調整する器官がおかしくなり、
上手く体内の血糖値を調整できなくなります。
糖尿病は、無呼吸症候群によっても起こりますので、肥満と無呼吸の両方の症状によってより悪化してしまう場合もあります。
糖尿病にかかってしまうと、美味しい食事が食べられなくなってしまいますよ。

  動脈硬化
肥満には、皮下脂肪型と内臓脂肪型がありますが、内臓脂肪型の場合特にリスクが高まります。
体内に摂取された脂肪は、小腸で脂肪酸に分解され肝臓に送られます。
肝臓では、この脂肪酸を中性脂肪に変え蓄積します。蓄積された脂肪はいざという時のために蓄えられますが、過剰に脂肪を摂取するとこの中性脂肪が肝臓にドンドンたまってきます。
この結果、悪玉コレステロールが、血管内に増えて動脈硬化の危険性が高まります。
また、アルコールの飲みすぎも中性脂肪を増やしてしまう原因になりますので、飲みすぎにも注意しておきたいですね。

  高血圧
肥満で体が大きくなるとそれだけたくさんの毛細血管が体の隅々まで行き渡らせることになります。
この結果、毛細血管の量(長さ)が増加し、血液を送り出すポンプの役割を果たす心臓も、より力強く血液を送り出します。
この結果高血圧となってしまいます。
高血圧が長期間続くことで、動脈硬化の原因にもなってしまいます。

  脂肪肝
肝臓には、中性脂肪を蓄えておくはたらきがありますが、
過剰に脂肪を摂取してしまうと、中性脂肪も過剰に蓄積されてしまいます。
この状態がさらに進むと、脂肪肝となります。
アルコールの摂りすぎも中性脂肪を増やしてまう原因となります。
脂肪肝がさらに進むと肝硬変など重大な症状になってしまいますのでご注意ください。
肝硬変は一度なってしまうともとには戻りません。

このように、肥満により色々な病気のリスクが高まってきます。
必要以上に恐れて過度なダイエットは禁物ですが、
内臓脂肪が気になる方は、早めに対処をした方が良いと思います。

コメントを残す




CAPTCHA