腹を凹ますならこのダイエット法!全額返金保証付き!

日本人専用自宅トレーニング
6週間で結果が出るようプログラムされた、日本人専用の運動法。ジムに行くことなく全て自宅で行えます。一番体に無理がかからない方法です。
腹筋RED
腹筋運動に特化したダイエット法。ポッコリお腹を魅力的で割れた腹筋に変えます!腹が出たメタボ体型の方におすすめ。
元プロボクサーが教える!短期間超減量法
激安で素早い効果が特徴。メールでのサポートもあります。とにかく早くやせたい方におすすめ。

ダイエット最大の敵「停滞期」の効果的な脱出方法

ダイエット停滞期

スポンサーリンク

この記事では、ダイエットの最大の敵である
「停滞期」についてお話ししようと思います。

停滞期とは、すでにご存じかと思いますが、
ダイエット中に体重が下がりにくくなる症状をいいます。
この停滞期を乗り切れずに、ダイエットをあきらめてしまう人がかなり多いです。

でも、停滞期を正しく理解することで、心に余裕が生まれ、
ダイエットの成功率も上げることができるのです。

停滞期はなぜ起こるのか?停滞期を無くすことはできない?

停滞期で体重減らないダイエットを始めてからしばらくは、体重が順調に落ちていきます。

しかし、1か月くらい過ぎたあたりから、だんだんと落ちにくくなってしまいます。

これは、ホメオスタシスと言われる体の生命維持機能の影響です。

ダイエットをしていることは、自分自身は理解していますが、体の器官はダイエットという概念は理解できません。

「体が飢餓状態にある!」と緊急事態と認識してしまいます。

これにより、体は省エネモードとなりエネルギーをあまり使いません。

そして、体内により多くの脂肪を蓄えようとします。

こうなると、しばらくはやせにくくなってしまいます。

こんな機能なんて無くても良いのにと思いますが、
これは人類が食べ物の少ない飢餓時代を生き抜いた本能なのです。

本能には逆らえませんよね。

これはしょうがないんだと受け入れることで、かなり気持ちが楽になりますよ。

停滞期の効率的な脱出方法をお教えします!

ランニング停滞期の効率的な脱出方法は、無理をしない
この一言に尽きます。

やせないからとさらにダイエットを強めてしまうと、ますます体は緊急事態モードとなり、さらに痩せにくくなっていきます。

永遠に停滞期が続くことはありませんので、無理をせずにそのまま継続していくことが必要です。

停滞期が起こるという事は、順調にダイエットが進んでいる証拠でもあるのです。
体重が減らなければ、停滞期すら起こりませんからね。

このようにあらかじめ理解して、心の準備をしておくことで、
実際に起こった時でも、冷静に対処することができます。

敵(停滞期)を知ることで、挫折してダイエットを止めてしまう事も無くなります。

実際停滞期は平均で1か月ほど続きます。
しかし、これを乗り越えられれば、再び体重は下降線をたどっていきます。

また、停滞期にダイエットを止めてしまうと、大きくリバウンドする可能性があります。
これは分かりますよね。体が省エネモードになっているのに、
たくさんの量を食べてしまったら、余計に太ってしまうのは明白です。

停滞期が来たら、同じダイエットを継続して行っていく。
あきらめずに継続すれば、必ず停滞期を脱することができます!

コメントを残す




CAPTCHA